乗り物/234

アクセスカウンタ

zoom RSS BMWフラットツインが水冷に!

<<   作成日時 : 2011/08/20 12:25   >>

トラックバック 0 / コメント 2

いよいよと言うか時の流れと言うか・・・BMWよお前もか!(笑)
性能追求&環境に対する規制=(ますます厳しくなる欧米の規制)に対処するには・・・しょうがないと言うか必然(空→液)なのでしょう。

空冷エンジンの造形、音、匂い、トルク感等々・・好き物の趣向をくすぐる独特なものがありますが、過去の遺物になっていくんでしょうね。

画像
1923年 /マックス・フリッツ設計による「R32」=空冷フラットツインの製造を開始してから早90年、その歴史にいよいよ幕を降ろしそうです。

実際に空冷大排気量のBIKE、それもビックツイン等(BMWR100R&Guzzi1100Sport)に乗っていると・・・条件の良い・・空いた道、適度な気温&湿度等では痛痒を感じさせませんが、一度渋滞路、それも酷暑の日などには本当に参ります。

すり抜け等でエンジンに空気が当たれば問題は出にくいのですが、狭い渋滞路などでは油温がグングン上がり「エンジンにダメージが」・・・なんて考えるとひやひやします。(笑)自分で組んだので、中の状態が手に取るように分かるので・・。

BMWも最初にGSを選んだのは、やはり過酷な使用条件にさらされる機会の多いOff系BIKEだからなんでしょう。何れ全ての空冷は廃しの方向なんでしょうね。・・・少し寂しい感は否めませんが。

その点、水冷は全ての面で制御し易いですからね!音(通過騒音=メカニカルノイズ)、排気ガスがクリーン=燃料を極薄く出来る=燃費にも貢献、OIL粘度もホントに柔らかく出来、燃費が飛躍的に良くなる。
そして、各部のクリアランスを”キツク”出来ることにより全て良い方向に・・。

画像

画像
ラジエターの所在がハッキリしませんが、明らかに”液冷”。
・大きく変わったのはドライブ系が反対方向の左側へ!・・という事は、エンジンの回転方向も?
・吸排気が後ろから前→上から下に。
・ラジアルマウントのFブレーキ。

その他色々・・・。(笑) 2012(3)年!?いよいよです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
高性能になれば なるほど・・・「空冷」では 厳しいのでしょうかね? でも そのうち「電気」になりますから・・・(?)あれ? バイクは「ハイブリッド」って・・あり?
よんちゃま!
2011/08/23 02:32
全ての面で圧倒的に水冷が有利でしょうね。何れガソリンエンジンも終焉を迎える時が来るでしょうが、それを待たずに間違いなく空冷は無くなると・・。しかし、ノスタルジックを愛するカスタマーが居る間はエンジニアの努力により、少数残るかもしれません。CB1100とか、それに対向してこれから出るであろうZ1100?等は、この時代に良く出しましたよね!
今やエレキBIKEは凄い性能で、サーキット等でも良いとこ走ってますよね。マン島等でも結構頑張ってます。
ima
2011/08/23 11:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
BMWフラットツインが水冷に! 乗り物/234/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる