乗り物/234

アクセスカウンタ

zoom RSS 850Tスイングアームのベアリング&シール交換

<<   作成日時 : 2013/04/02 12:47   >>

トラックバック 2 / コメント 0

3月30日

オーナーさんが持ち込んだスイングアームとファイナル、物はVの物らしいけど、走行距離が?
ベアリング&シール&ファイナル本体を見ても特に問題はなし、比較的低走行車の物かも・・・。

しかし、置きっぱのBIKEを動かすとシール関係が硬化していて大体はOIL漏れを起こします。ベアリングもグリスが硬化(特に非接触型シールタイプ)していて交換が望ましいですね。

Guzzi(トンティー以前)のピボットは開放型のテーパーローラー、殆どレースが逝ってます。グリス&トルク管理がされてないのが通常で、これは”もろ”消耗品・・・力も凄まじく掛かりますからね。

で、今回の作業です。
画像
先ずは仮組みしたスイングアーム&ファイナルを外します。
画像
ブラインドベアリングプーラーでレースを引き抜きます。
画像
右が交換前のレース、こんな感じでローラーの跡が・・・。
画像
レースを抜いた後の汚れを取り除く。
画像
新しいレースを専用工具(自製)で打ち込む。
画像
ベアリングにタップリとグリスを詰め込み=重要(手の平にグリスを取り、ベアリングで擦り入れる)SETして完了です。
画像
とっても重要なOILシール、殆どこれも硬く大きく(内径)なっていて、用を成してないですね。
画像
ピボット部ユニバーサルジョイントのベアリングも・・・これは非接触型ですが、ゴム製のシール付きローラーベアリングが付いています。ここは風雨にさらされないのでこのタイプでOK、念のためグリスを塗っておく。
画像
交換後組み付けですが、これが大変に厄介!まー慣れましたが・・・ジョイントの付け方とペラシャを回す方法が胆?(笑)・・・・塗装をし直してあるので気を使います。
画像

これで後ろ回りは完成です。ホイールが来るまで他をやりましょうか・・。因みにRショックはオーリンズ、デザイン的にタンク無しで古目BIKEにぴったり。

(続く)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ トート
850Tスイングアームのベアリング&シール交換 乗り物/234/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/07 22:17
エアマックス 2013
850Tスイングアームのベアリング&シール交換 乗り物/234/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 21:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
850Tスイングアームのベアリング&シール交換 乗り物/234/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる