乗り物/234

アクセスカウンタ

zoom RSS 2019yからのMOTO2エンジン

<<   作成日時 : 2017/01/08 11:56   >>

トラックバック 0 / コメント 2

+
画像

現在のMOTO 2エンジンはHRC(HONDA)が供給している4気筒600ccエンジン=CBRです。しかし、2018yをもってHONDAはサプライヤーから撤退、その後のエンジン供給メーカーが判然としていません。

欧州他におけるメーカーとして、ドゥカティ、BMW、ハスクバーナ、プジョー、マヒンドラ、アプリリア、カワサキ、ヤマハ、スズキもホンダに代わり後を継ぐ事はしない意向を示しました。

残るは、KTM、トライアンフ、MVアグスタになりますが、MVは知っての通り財政上のごたごたがあり、とてもそちらにエネルギーを注ぐことは叶わない。残るはKTM&トライアンフとなりますが、有力なのはトライアンフ??

KTMであれば、今年からフル参戦のMOTO GP=RC16のV4エンジンの真半分=2気筒500ccが有力?になりますが、現在、4気筒600で争われてるMOTO2に対して非力は否めません。又、今期発表された並列2気筒790ccエンジンもありますが、KTMにそれだけの余力がありますかどうか・・・MOTO3,MOTO2,MOTO GPとすべてにフル参戦ですからね。

最後に有力と思われるトライアンフになりますが、現在、ディトナに使われている3気筒675エンジンも有力になりますが、これは既にモデル末期、次期エンジンを開発中との噂があり、これはNGでしょうか。

675に代わる次期エンジンとして、トライアンフプロジェクトは750 cc/160馬力のパワーレンジを持つ新しい3気筒エンジン開発中とのこと、もし、サプライヤーに決まればこれに拍車がかかるのではないでしょうか。

現在、MOTO GPに使われている他メーカーの4気筒1000ccエンジンを範とするボアxストロークを使い、1000÷4=250ccx3=750cc・・・・これは中々良いと思うのですが。トラも3気筒の優位性というかそのあたりの宣伝の好材料にはなります。

まー今年から始まるMOTO GP他のBIKEレースは色々と話題が満載、とても楽しみなシーズンになりますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
2019年からのmoto2のエンジンですがなにやらトライアンフとの噂がネットで出ていますね。
私としてはRedbullマネーでKTMかと思ったのですが、どうなることやら
いろんな意味で楽しみです。
750SのS
2017/01/11 22:32
まいど。
当初、私もKTMかなーなんて思ってましたが、丁度のエンジンが無いので、どれを使う(作るのか?)のかと思っていたら、トラとはねー!びっくり。三発のGPエンジンも結構歴史ありますし、各クラス気筒数が違ってるのも面白いし、何より三発GPエンジンの音を早く聞いてみたいですね。^^今年はモテギ→マレーシアGP観戦と思っていたけど、やはりヨーロッパ(スペインかイタリア)に目がいってます。(笑)
ima
2017/01/12 10:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
2019yからのMOTO2エンジン 乗り物/234/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる