HONDA V4用モノコックフレーム&SC

止せばいいのに又、モノコックですか?(笑)
ホンダが米国にて、V4エンジン用モノコックフレームとスーパーチャージャー(以降SC)のパテント申請をしたようです。

画像
雰囲気はドカパニガーレですが、材質はアルミ鋳造他になるでしょう。

ホンダのパテント内容によると、「エンジンとフレームをしっかりと結合させることで作業性、生産性が向上します。ホロー構造のメインフレームがヘッドパイプがリヤ方向に伸びており、大きく開いたフレーム前方の空間はインテーク用のエアーの導入を助けます。」とのこと。
画像

向こうのサイトコメントでは・・・。
「ホンダの物はDucatiのコピーキャットと言われる可能性もあるが、既に存在しているデザインを取り込み昇華し自分の物にしていくやり方は、ホンダ、そして日本のメーカーが得意とすることだしこれからも続けていくところだろう。」

なんて事が書かれています。まー言われれば”ぐうの根”も出ないホントのことですけど、真似が更に得意な他国(中国他)に比べ、技術力では抜きん出ている日本製品はオリジナルよりもかなり良くなることは確かですね。^^

しかし、SBKで余り勝てないドカパニ、MOTO GPでは諦めてツインスパーとなった経緯もあるフレーム、それらと同じような構成なんですが、何か策はあるのでしょうか?

HONDA CBR1000Rのリニューアル、それの放置具合が普通ではない!?やっとやる気が出てきたのか?V4を使い、モノコックフレームに213VSの技術&電脳をプラス!そんな革新的なスーパーBIKEを用意しているのか?今年のEICMA以降に答えが出るやも・・・楽しみな所です。

画像

こちらはカワサキH2に対抗?したSCと思われますが、駆動方式等に違いが見られます。問題はこのエンジンをどのような車種に使うか?と言うことです。

まさか、ホンダがH2のようなBIKEを出すとも思えないし(こう思わせてしまうところが悲しい=たまには度肝を抜かせるような物を出して下さい!笑)

SCではSBK(SS系)には使えないしで、どんなBIKEになるのか、久しぶりに非常に楽しみですね。何か”あっと驚く”様な物出してくれると嬉しいのですが。^^

BIKEの世界にもいよいよ過給機の波(スズキはターボ)が押し寄せてきました。車ではダウンサイジングが命題ですが、BIKE界では両極になりそうです。まー”パワー重視系”はオモチャですから、そうなるのが道理、どちらも試してみたいものです。(笑)



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック