BMW Concept Stunt G 310

以前、紹介したインド産BMWがブラジルでコンセプトとして発表されました。”単コロ”310ccと言うBMWでは久しぶりの小さめBIKE、EICMAにて世界に向け登場ですか。
画像


画像
以前、紹介したインド産BMW

「BMWモトラッドはインドのパートナー企業であるTVSと共同開発している300ccのバイクを発表すると予想されていましたが、BMWはこの内容を正式に認めました。」

画像
ブラジルにて発表されたコンセプトは写真のようにスタントを目的とするBIKEですが、本来はKTM等のこのクラスを代表するBIKEに向けたBMWの答えでしょう。
画像
画像
メーカーは未来の為に、若い人を取り込む必要があります。クリス・ファイファー(※BMWと契約しているスタントライダー)を抱えていることはそうした意味で助けになるでしょう。

この引退したスタントライダーとともに開発したことにより、BMWはスタントにフォーカスした装備をG310に与えている。ロック可能なスロットル、ギヤ比もスタントに最適化されており、リヤディスクも大径化されている。リヤブレーキディスクを操作するレバーもクラッチレバーの横に装備されている。これは右足がブレーキを操作出来ない位置にある時にリヤブレーキを使用する為のもの。スタント用のシートバー、フロントのアクスル軸のバー、クラッシュバーなどがバイクに追加されている装備だ。

こういった事も出来るよ!とアピールすることはとても必要な事とBMWは捉えているようです。最近のBMEは、やることが先を見据えていて、全てが巧く言っているように見えますね。
画像
スタント時、足を架けるステーですが、何でも作りが洒落てますね。
画像

向こうは技術者(デザイナー)=リーアム・ニーソン?にくりそつ!!(笑)からしてカッコいいですよね!先ず、ここからして日本とは違うのでは?(笑)

その点、最近発表されたヤマハのXSR700は色々な意味で”良い線”いってますが・・。^^
画像
私的にはこれ系のBIKEには全く興味がありません。何故取り上げたか?マーBMWがこのクラスに参入した(KTM等に対抗して)ってことも有りますが、メカ的に興味を引くものがあったからです。

エンジンが面白そう!シリンダーが後傾しているようです。ショートホイールベースを実現するために180度の向きで搭載。サイレンサーの位置も特徴的でリヤショックの横に縦方向に搭載される。(ふかすと砂塵等が舞う!?=笑)BMWによるとこれは転倒のダメージからサイレンサーを保護する為とのことだが、リヤショックの寿命を短くするのでは?

後は価格ですがインド産と言うことなので、BMW製としてはかなりリーズナブルになりそう。又、カラーリングは暫定的なものでしょうが、若い人は注目するでしょう。^^

今年後半のBIKEショーは目が離せませんね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック