2015 EICMA・・・YAMAHA、HONDA,SUZUKI,

EICMA、色々と面白いBIKEが出て来ました。

先ずは、YAMAHA XSR900 ローランド・サンズとの協力によって生まれたなかなかカッコいいBIKEです。ベースは勿論バカ売れのMT09、これで”ヘリテイジシリーズ”も3機種目、今後の展開が楽しみです。

画像
画像

昔懐かしの雰囲気ですね。シンプルなBIKEらしいBIKEが好きな人に受けそうな感じ!ヘリテイジが何処までいくのか?
画像
上のBIKEも良いけど、こんなやつも出してくれたら最高なのになー。(笑)

HONDAの焦りが?伺えるようなBIKEがでてきました。^^あくまでもコンセプトだと言うことですが、イメージ的に優等生メーカー、それからの脱皮を図っているのでしょうか?

画像
CB4 concept
画像

画像
CBR650Fのプラットフォームを利用して作られた「 CB4 concept」、まるでMVかよ!なんて位のデザインインパクトです。それもその筈、デザインはホンダヨーロッパ、日本じゃちょと難しい?ですよね。

欧州は勿論、米国でも売れる要素のあるBIKEで、少しやる気が出てきたのか?(笑)

画像
画像
上記、 CB4 conceptに続いて、「City Adventure」と呼ばれるスクーター/コンセプトも発表。

こりゃどう見てもジレラでしょ。(笑) 細かなディメンションは未発表ですが、FWディスクの倒立、性能は期待以上かも?メーカーもやっと”うすデカイ”スクーターから、お洒落で快速系のスクーターに目が行った様、少し遅いですがね。

最後はSUZUKI GSXR-1000、これもコンセプト。
画像
待ちきれない顧客に対して、メーカーも発表せざるおえなかった!って感じの真内の登場!?^^

デザイン的には目新しさは有りませんが、クラス最軽量、最高出力(210~20位か)を標榜、スズキらしいですね。クランクはハッキリしない感じですが、動画の音を聞くとフラットプレーンの様な感じの突き上げ感です。
画像

画像
「ショーワ製のバランスフリーフォーク」これを付けてくるかは?(笑)しかし、このFフォークは良いなー!MySportに付けたいっす!(笑)

スズキによると新型のGSX-R1000は可変バルブタイミング、10段階のトラクションコントロール、3段階のライディングモード、クイックシフターを装備する。スズキは同じく、ブロードパワーシステムと呼ばれる技術を開発しているらしく、これはヘッダーバイプに取り付けられる可変パイプ機構のようで、より強大なパワーの発生を助けるとのこと。

その排気デバイスに独自の工夫を凝らし、クロスプレーン(金が掛かる)への方向を修正したのかも?今回のGSX-R1000コンセプトは2016年後半にデビューする2017年モデルとなるようです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック