MV Agusta Turismo Veloce RC

画像

画像

画像

画像

画像

MV Agusta Turismo Veloce RC

画像
MV Agusta Turismo Veloce

16年11月/EICMAにてMVは Turismo Veloce(その他の車種も有りそう=F4,F3,ブルターレ他) からの派生モデル「RC」を発表する模様。

当初、リークされた写真等では、国産BIKEが良くやるカラーリング変更位なのかなーと思っていたら、さにあらず、さすがRCを謳うだけあり内容の濃いモデルでした。しかし、ツアラーにRCが必要なのか否かは微妙なところも有りますが、カスタマーとしては選択肢が増えて嬉しいやら困ったりやらでしょうか?^^

1)先ずは改変された箇所のハイライト・・「逆回転三気筒エンジン」に関して。
・ハンドリングに直接影響する前後方向の剛性UP。=異様に軽い(他メーカーが真似できない50数キロ!)エンジンがどうなるか?
・ヘッド周りでは、バルブガイド等を見直し、正確性、静粛性を高める。
・テンショナーも高調波ダンパー、ギアプライマリドライブ等を変更し静粛性に寄与。
・信頼性向上のためのスタータモータを再設計。
静粛性が増すと言うのが嬉しいですね!パワーは必要にして十分なんですが、10ps位はUPしてくるのでしょうか?
2)エレクトロニクスのファインチューン
・8レベルに調整可能=EAS(電子ギア)とトラクションコントロール、
MVICS 2.0プラットフォーム(モーター&車両統合制御システム)等の見直し。
・エンジン管理ソフトウェアは、より滑らかなライディングに向けて、MVエンジニアが見直し。
若干、敏感過ぎのスロットル(ライドバイワイヤー)もより自然な(アクセルに対しての”ツキ”)ライディングが可能に?
3)エクステリア
・RC特有のカラーリング。
・可能な限りのカーボン素材を使用。
・ホイールは、F4RCに由来する、鍛造アルミホイールに変更。
・ホイールに取り付くスプロケも新設計された高精度な物を使用。
・人間工学的に快適さを追求し再設計されたピリオンシート。
その他
・ガーミンのナビゲーションシステム
・パニアケース
・標準装備として、ツアーに必要なすべてのオプションが含まれているようです。

価格はEICMAにて発表か?ノーマルから幾ら位UPになるのか興味深々ってところですね。(笑)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック