自作(BMW用)オーバーヘッドバルブスプリングコンプレッサー

画像

またまた、”無い物は作れ”精神を発揮!ヘッド回り等のメンテに重宝?しそうな特殊工具(大袈裟か?)を製作しました。バルブスプリング交換やスプリングSET長変更には最適な工具かと思います。

通常、上記作業を行うのにはシリンダーとヘッドを分けなければなりません。そこをバラス(ヘッドをはぐる)と色々と面倒な作業が増えてきます。・・・面倒なのでその説明ははしょります。^^

画像
出来てしまえば何てことない物ですけど、発想的にはナイスかなー!?(笑)

問題はバルブが燃焼室側に逃げる事ですが、これも一工夫(定石)しておきます。なんて事は無いんですけど、プラグ穴から高圧のエアーを充填しておくだけです・・・。
画像
これも手持ちパーツを組み合わせてOK!余計な物は買わない!ですね。これにエアー(10k)ホースをつないでおけばバルブは逃げません。もち、ピストンは上死点ですね。

画像
やぐらを立て"てこ"の支点にします。BMWのヘッドカバーを押さえるボルトですね。これが有るので出来たような物。

国産のオーバーヘッドバルブスプリングコンプレッサー はスプリング下を爪で引っ掛けてちぢめるのですが、スペース的(スプリングが斜めって狭い。)に爪が入りません。・・・入れば安い工具、沢山出てるんですけどね。(笑)
画像
通常のオーバーヘッドバルブスプリングコンプレッサー・・OHVやOHCの4気筒なんかには問題無く使えますね。これが使えれば簡単で安上がり(数千円)なんですけど。

画像
物が完成したので試しに手持ちのヘッドにて・・・まー上手い具合にスプリングはちぢみました。

画像
後は支点上下にカラーを作って完成でしょうか。

画像
コッターが見えてますね。磁石で簡単に取れますが、入れるのが難儀しそう!^^誰か来た時に手伝ってもらうかスプリングちぢめ!(笑)バーの長さを長め=1m強にしたので、簡単にちぢまるので車体にタイダウンか?

MyR100R改はバルブスプリングのSET長が緩めだった!(シートカット時に少し沈めて全て揃えたのを忘れ・・・汗)面倒なので我慢して乗ってたのですが、先日の道志ツーで少し物足りなかったのでの作業開始でした。・・・色々始めたのでついでにですけどね。^^

バルブスプリングシートにプラス1mmほど追加でサージングの回転数が結構上がると・・・現在は7000位なので、少し物足りませんでしたね。

この記事へのコメント

Ezzy
2018年06月26日 20:10
サージング回避の方法となると、スプリングにシムでプリロード掛けるか、、、、あ、ベベルかな?(笑)
アレはアレで開閉両側のシム調整で指先凹むらしいですけど。
ima
2018年06月26日 20:53
まいど。通常、使用するスプリング(カムとSETが多い)にSET長は明記されてるのが普通ですよね。結構、シビアで、過去にきつ過ぎ(線間密着)でロッカーアーム折ったこともあります。(笑)その時はポルシェ964のスプリングでした。今回は上にも書いた通りシートを沈めたのを忘れたため・・お恥ずかし。^^

この記事へのトラックバック