1100Sport改3号用シートが完成

少し長すぎのシートを加工しました。後半部をカットしてファイバーの薄板を張り付け磨いてサフェでOKになります。

画像
マスキングテープでラインを引き、ベビーでカットです。

Before↑ after↓

画像
画像
カットした面に段ボール等を当て型を写し薄いファイバー板をカット、後は樹脂を使い貼り付けてほぼOKになります。これから磨き、サフェを塗り下地作りです。

まー良い感じに出来ました。大きさ、形も思ったような具合です。

イメージは↓・・・(笑)

画像


(続)

次のカスタム・・1100Sport改⑥

画像
一応、こんな感じになります。後はFカウルの装着とF回りの配線処理でっほぼかなー?

画像
思ったより纏まりが良く、1100にしては小さく軽くできたと・・。

画像
後ろ回りの配線が完了、バッテリーもこんな感じで乗ります。バッテリー上のスペースに車検証等、多少の物のスペースが有ります。

(続)

次のカスタム・・1100Sport改⑤

シートレールが完成しました。
画像
シートカウルの塗装も完了!マットブラックで決り。タンクはアルミ地肌でFカウル、フェンダーもマットBで古めカスタムの雰囲気に!。

画像
殆どクロモリパイプにて組み上げたシートレール、サフェを塗り、ウレタン仕上げです。

画像
シートカウル内にリチウムBが入ります。シートレール後方にバッテリートレイが有ります。ウインカーはフレキシブルなLEDタイプを使用。MyBIKEも全てこれ!テールライト&ナンバーステーもOK,こういった小物類に時間が掛かりますね。

今回はヘプコ&ベッカーのソフトケース(C-Bow)を付ける為、一品物のステーを製作、これに時間取られました。C-Bowの受けの位置決めが非常に面倒、高さ、左右のバランス等・・・そこで、冶具を製作、この方法が一番ですね
!これだけ作る(5~6台はやった)んだったら早く冶具を作ればよかった。(笑)

画像
やる事が多くて、結構、ごちゃついてます。

(続)

1100Sport改3号

画像

フレームもほぼ完成!結局、ペダルプレート(ホルダー)はV11系の前期物を使用することに。ピボットピンサイズが微妙に違い、(写真の赤は1100Sport 等と同じ20mm)太い方(22mm)は中々物が無く、面倒なのでプレート自体を交換することに。ピボットボルトは作ろうと思えば作れますが、作るとなると結構高額になる。
画像


画像
方向性の決まった1100Sport改、昔のMV AGUSTA風に!こういったシート、一度使ってみたかったんですよね。^^これは某国産アフターパーツですが、中々確りした作りです。製作はドマーニやラベルダカスタム等をやってるとてもコアなショップ製です。

画像
若干シートが長めなのとカーブが好みに合わないので少しカットですな。^^カラーリングに悩みそう・・フィロロッソの黒が良いかなー?フレーム赤に外装黒ですね。(笑)

スパインフレーム完成間近!

Sportの弱いステッププレートをV11系の鍛造物に変更する作業もやっと終盤に・・。
画像
溶接を待つだけになったSport3号のフレーム。

画像
先ずはノーマルフレームのプレート取り付け面左右のサイズを測り、左右で30mm前後短縮される為、不要部分をカットします。ミリ単位で短くても長くてもOUT!斜めは最悪・・なので結構緊張します。^^

画像
左右フランジ部をカット!巧くできました。
画像

画像

削り出しておいたフランジを大体の位置で叩き込みます。さすが!良い感じで嵌りました。

画像


画像
仮付けしたフランジにV11系のステッププレートをボルト締めし、ミッションケース&アンダーフレームをSETして位置決めします。これが最重要!プレートにスイングアームが取り付くので、狂うと真っすぐ走りませんね。(笑)

画像

センターのマーキング↓を見ても分かる通り、取り付け面、左右均等じゃないんですね!10mm近く右にオフセットしてます。シャフトの関係なんだろうなー・・さすがGuzzi。^^
画像

画像
仮付けした状態でチョン付けし、バラしてから本付け・・・ここを溶接して完成ですね。

画像

画像
Sportの鋳造プレートとV11系の鍛造プレートとの対比。V11系は少し重いけど、強度は比較になりませんね。スイングアームが取りつく処なので、非常に力が掛かる所!形状も曲げを入れそれ(左右のひねり等)に対応してます。昔、欧州で7075材の削り出しパーツが出てましたね。

画像
ついでなので?フレームにもガセット追加して補強してあります。^^
画像
1100Sportを後ろから見た図。
画像
1100Spotのプレート部との違いは一目瞭然。




次のカスタム・・1100Sport改③

ようやくマフラー完成です!タンク、仮付けしてみたらカッコいーですなー。
画像
タンクはエノットキャップタイプ、これの方が雰囲気良いねー・・ガス漏れ無いし。

画像
このマフラーが最高!長さ、太さに拘りました。カチ上げ角度もベストでしょ。^^
画像
タンクも思いの外早く入荷、今までで一番作り良いですね。やはり製造元から直に買うより、大きな問屋(クレーム出るから確り作る!?)経由が間違いありません、・・・少し高くなるけどね。

画像
EXマニはV11系の中間があるタイプを使用。中低速も出るし乗り易くなりますね。

これからタンクSETして、シートレール製作に入りましょう。

MOTO GUZZI V85TT

いつの間にか発表されてたんですね!さすが、マイナー。(笑)
画像
ほぼ、コンセプトそのままのいで立ちで登場ですね。
画像
このエンジンが抜群ですね!850で80PSとはOHVとして異例(Guzzi)な出力、内部もそっくり作り変えだったんでしょう。何でもバルブはチタンらしいです。・・驚き!
画像
サイドカバーからすると「V85TT」で決りでしょうか?他のカラーリングを早く見たいですね。
画像
画像
マフラーやフェンダー等も高級感あふれてますね。結構、高額になるのかなー・・例によって。
画像
メーターは流行りのフルカラーの液晶を奢ってます。

余り高額にしないで欲しいがカスタマー達の願いですよね。又、このエンジンやフレームを使ったONロードモデルを早くリリースしてくれると良いですね。・・やってると思いますけど。(LeMans?)

BMW R100R改・・CRからFCRに!②MySportも少し弄りました。

装着完了です。
画像
ワイヤー(引き側)がささくれて危なかった!どうも戻りが悪いと思ってましたが、戻しも付けてるので乗れてたような・・。
画像
今回は同調を取りやすいようにスピゴットにバキュームの穴を・・今までは殆ど感を頼りにでした。^^当たり前ですが早くて楽ですね。
画像
完成しました。取り敢えずはポン付け状態でもそこそこ良く走ります。確か155の55だったと・・。これからセッティングして良いとこ探しましょう。

容的に丸ヘッドのエンジンにはCRかデロルトの方が雰囲気合いますね。性能だけであればFCRが一番ですが・・乗った感じもCRの方が合っていたような・・。(笑)これから詰めて様子見ですが、戻す可能性ありですね。

My1100Sportのキャブ(FCR)セッティング
画像
画像
この酷暑続きの天候、キャブの調子がイマイチ!そこでいろいろ弄ってますが、常連さん(マーニ)の情報を・・。

ジェツトニードルを普通は使わないタイプ(テーパー=D)を使用しメインで帳尻を合わせるという裏技、空燃比計と独自の細かなやり方(針の太さを細かく計測しアクセル開度で計測)で出した番手!現在、この組み合わせで走ってますが、なかなか乗りが良いですね。

先ず、中速からの吹け上がりの感じが鋭いし、エンジン音が変わりました。スピードの乗りも良いし、付きも良い感じです。点火系が違う為か低速から中速にかけてのトルク感が以前よりほんの少し落ちた感じがしますが、これからカーブを変えて様子を見てみましょう。

今までで一番パワー出てるんでないの!?

BMW R100R改・・CRからFCRに!

画像
CRでもいい感じなんですけど・・手持ちFCRが二台分ほどあり、試しに付けてみることに。先ずはインテークに合わせてスピゴットを作り直します。

現在の調子(CR)は、プラグも良い感じで焼けてて今までで最高の加速、そしてスピードの乗り、下から上まで淀みなく気持ち良く回り(CRは後伸び)ます。FCRにすれば更に良くなるのでは!と言う”欲”ですね。(笑)

画像
インテークをストレート化した為、(BMはキャブ/ファンネルが脛に当たりますね)余り長くできないのでギリギリのサイズで製作です。

画像
さて、ジェツト類の点検・・・ありゃ?針(ジェットニードル)が一本無いじゃん!何か使ったケー??あっそうだ!マーニスフィーダ1000(黒)に貸したんだっけ・・返してくれたっけなー??

しょうがないので用意しますかで、番手は?・・通常はOCEMSとかOCFMRとかが多いようですね。付いていた一本はOCEMSだったのですが、OCFMNを発注・・・¥800位/1本ですね。

刻印=N427-OCまでは全て同一、その後の3文字・・・最初がテーパー角、二番目が切上がり、三番目がストレート径になりますが、某師匠さん曰く、テーパー角はほぼF=1度15分(1”15)で決り!(通常E&Fしか売ってない)、切上がりはF&M&TでOK,ストレート径はM~Qで良いでしょとの事なので、上記を選んだような・・。^^

OCFMN・・・テーパー角F=1度15分、切上がり=M=79.15、ストレート径=N=2.725と言うことですが、概ねって感じです。何せ計算上、組み合わせは1万350種も有るんですからね。余程極端な針でなければ走りますが、前述のマーニさんは極端なやつをご自分で入れ、全く上が回りませんで原因究明に苦労した覚えが有ります。(笑)

次のカスタム・・1100Sport改②

画像
本決まりになり、いよいよカスタムスタートです。方向性は、軽く、そしてシンプルに・・・少し旧っぽく!でしょうか。↓
画像
新オーナーさんにスケッチを見せて打ち合わせですが、おおよそ絵のような感じで進めましょう!と言うことに・・・。話が早くて気持良いですねー!(笑)

画像

画像

画像
どんどん外していき、現状はこんな感じです。

これからの作業手順としては・・。
1)新規にサブフレーム製作、
2)メーターをフレームマウントからハンドルマウントにするための加工、
(メーターはシンプルにコンビのワンメーターが収まりいいのですが・・・。)
3)マフラー=リバースコーンを用意し、取り回し&ステー等を考える、
4)ハンドルマウントのカウル&ライトですから、補器類の移動=レクチェファイヤーですけどね。
5)テールライト&ウインカー&バックミラー等を選ぶ、
6)シングルシートは手配済、
7)LeMansⅠカウルは在庫有り、
こんな感じでしょうか。

先ずは、シート入荷後、サブフレームの製作から始めますか・・。

画像
外したカウル&シートカウル&マフラーですが、結構な重さ!!完成車(カスタム後)は軽くて良い走りするでしょね。

画像
画像

シートが入荷、一応、乗っけて感じを見ましたが、「まー良いんじゃないの!」ですね。サブフレームを作り変え、もう少し低目の後ろを下げ気味にでしょうね。MyBMWもシートカウル付きのこのシートにすれば良かったかなー。(笑)


NewBIKEコンセプト・・五気筒エンジン!

MondialMoto V5 1000cc
画像


画像
前3気筒、後2気筒のバンク角75.5度のV型エンジン。排気量は約1,000ccと予想され、200bhp/13000の性能。

画像
MondialMoto 

MondialMotoと言っても、50年代に10の世界タイトルを獲得したイタリアのモーターバイクメーカー、モンディアルとは全く関係がありません。イタリアのモデナと英国のウォルバーハンプトンを拠点とする新しいブランドで、元フェラーリ&メルセデスのエンジニアのAntonio Matarolloが協力した、新しいBIKEメーカーのようです。

V5と言えばホンダMOTO GP RC211V/5(五年間MOTO GPを支配した)が有名ですが、例によってその技術(アイデア)を市販車にはフィードバックしませんでした。

現在最強のMOTO GPマシンもV4,市販SSは直4(マイナーで誤魔化しヤマハに八耐4連覇を献上!=笑)、勝ちたければ普通、出すでしょ!V4のSSを・・。(笑)

全く分けの分からないメーカーで、F1でも同じようなことを過去にしていますね。ターボ全盛の真っ盛り、F1最強と謳われたエンジンを開発していながら市販車にはターボ車が無かった!全く不思議なメーカーです。

Mondialですが、標準タイプ=S カーボンとチタンの複合フレームとなるようで、車重は179kgと驚異的な軽さを誇ります。その他はお決まりの、オーリンズ、ブレンボ他の一流メーカーパーツ満載のBIKE。既に価格も発表されていて、Sは約¥400万、予約は¥140万ほどで受け付けているようです。

上級車種のRタイプも存在するようで、こちらはワンピースのフルカーボンフレーム&サブフレーム、片持ちのスイングアーム等を装備、その他は上に準ずるようですが、色々とカスタムパーツは有るのでしょうね。価格は¥500万+で、こちらも¥200万の予約金で予約がOKとの事です。

V5/1000ccのフィーリングがとても気になりますねー^^成功を祈ります。


KIODESIGNのコンセプトバイク「MT-14」
画像


画像


画像


こちらは日本の二輪デザインを主とするデザイン事務所であるKIODESIGNのコンセプトバイク「MT-14」です。
あくまでもコンセプトBIKEなので、上のBIKEとは一線を画しますね。ベースはヤマハMT09の並列3気筒エンジンをベースに並列5気筒とし、排気量1408ccで、最高時速365km/hを想定、パフォーマンスは凄いですね。

しかし、1400/365kmとしては全体的に作りが少し華奢な感じ、これでその最高速を出すのが怖いでしょ?又、ベースエンジン3気筒クロスプレーンの5気筒化、割り振りも気になります。まー未だコンセプトですし・・・これの市販は難しいでしょうね。

世界的に1000cc(MOTO GPに準ずる)のスーパーなBIKEが氾濫してきて、少し方向を修正しようとする動きが何となく感じられます。余り性能ばかり追求しても乗りこなせるのはほんの一握りの人達、(富裕層で年齢的に若い人)おまけに価格もうなぎ上り!

それではと、どうせ同じような高価格なら乗り味(エンジン)に違いを出したり、カスタマーの所有感を満たし尚且つ「他にはなかなか無いんだぞ!」と言う、オーナーさんの虚栄心をくすぐる?(笑)的な方向と言ったらいいのかなー?サーキット直行BIKEでないので、カスタマーも広範囲になるやも・・。

簡単な方向としては、多気筒化(カワサキの様にSCをプラスしての方法もある)が手っ取り早い?まー6気筒が通常使いでは限界でしょうが、これからも差別化の一翼を担うのでしょうなー。




Newモンキー・・下道ツー!

昨日、この酷暑の中、三浦半島一周ツーをして来ました。^^凄まじい暑さでしたが、三浦、上の方は多少は良かったですね。
画像
先ずは、鎌倉街道を文字通り「鎌倉」を目指します。久しぶりに「銭洗い弁天」を参拝、丁度持っていた札束を洗います。(笑)ご利益が有りますように!^^

画像
 
画像
 
画像
ここには家族で昔よく来た思い出が・・。日陰はとても涼しくて気持が良いですね。BIKEだと境内の入り口まで来れるので、とても楽です。

そうそう、さすが鎌倉は有名人が多い所で、小町通りで大汗をかいた短パンTシャツの石原伸晃さんが一人で歩いてたなーランニングしてたみたい。(笑)

参拝を済ませ材木座海岸に、横須賀方面に向かいます。
画像
この暑いのによく裸で日向に居ますなー!体が破壊されますよ!・・・なんて言ってますけど、若いころ散々波乗りで体を痛めつけてたんでした。(笑)

画像
少し遠回りになりますが、湘南国際村を経由して秋谷海岸に出ました。ここは良いですねー・・畑をやりながら少し下れば海、釣りや潜りも楽しめます。横横を使えば通勤圏ですしね。リタイヤしたら住みたい処の候補でしょうか?

画像
 
画像

昼飯は三崎の何時もの鮮美楽に。食べる丼も何時もの”楽丼”=メバチと赤身で安くて美味い!しかし、100円UP(¥1900)してたなー何時のまに。^^

画像
帰り道は三浦海岸を目指します。劒崎の風力発電で一枚!この辺りは大型BIKEだとあっという間に通過してしまいますが、モンキーだとちょろちょろ出来て、新発見が有りますね。

画像
金田湾の防波堤、こんなところまで入って行けます。大型だとコーナーを攻めて一瞬に通過!久しぶりにパンツ一丁で泳ごうかと思いましたが、日焼けの辛さを考えて中止でした。^^

ここから三浦海岸を掠め久里浜をへて16号を登り横浜方面に・・。途中、あまりの暑さにコンビニで一服、アイスと冷えた水で喉を潤し、戸塚の自宅まで・・。

今回使用したこのBIKEは、容こそモンキーですがある程度のツーリングにも十分使える優れもの!乗り心地も良いし、ブレーキも効くし、何と言っても驚異的な燃費には驚きました。

今回、総走行距離、約100kmでしたが、満タン計測法で使用ガスが1.6L!です。何度もガソリンタンクを覗き込みましたね!「ホントかよ!」なんて、独り言が出ました。(笑)

リッター60km以上!新車ですが私は構わずガンガン回してますので、大人しく乗れば70kmは軽いのでは!?しかし、驚きましたね、最近の技術は凄いものです。これだけの燃費でも燃調の薄さは余り感じられなくて、結構よく走ります。すこし、可愛く感じられて来ました。(笑)





次のカスタム・・1100Sport改

画像
一応、カスタムが済完成しているのですが、もう少し”古めぽっく”が希望のカスタマーさんが現れ、現在、カスタム案を検討中です。

画像

第一案として、カウルレス(丸ライト)&イモラ風のシングルシート、マフラーをリバースコーンタイプ(光物)にする・・これは中々だと思うのですが。^^

画像

第二案は、シートを小ぶりのカフェタイプとし、カウルはGuzziではお決まりのLeMan1タイプで丸ライト、他は上に準ずるです。此方も最高ですね!自分で乗りたいくらいです。(笑)

欲を言えば・・・アルミタンク、アルミ鍛造ホイール、Fショック(アップサイドダウン)=できればオーリンズ、Rショック=ナイトロンカスタム、FCRキャブ、メーターをコンビのワンメーター、Fフェンダー=カーボン等々・・・とキリが有りません。(笑)

でも、これ(上記スケッチ)出来たらカッコイイと思いますよね。Sportじゃ珍しい?カスタムになるでしょ。

おまけ
画像
LeMan1000カスタムにお乗りのEzzyさんご推薦!スパインフレームベース。パット見、トンティーだよね。ステップ回り見なけりゃ。

画像
MAGNI乗りのMさんがご推薦のスパインフレームカスタム。

画像
やはりMAGNI乗りのIさんご推薦・・・これも中々ですね。新し目の方向になるのかなー少し。

画像
スポーク仕様も面白いよね!っていう書き込みが・・。ここまでやると、莫大な金額が!(笑)



BMW R100R改・・Vスプリング交換

超暑い中、作業完了です。^^熱中症、ヤバいですよねホントに。去年の秋、ファクトリー屋根に太陽光発電のパネルを設置したので、去年の夏よりは楽かもですが、気を付けないと倒れますね。

画像
先ずは、右側EXから作業開始です。中々使い勝手は良好です。

画像
燃焼室にエアーを充填してスプリングを押します。リテーナーにコッターが嵌り込んでるので一発目が硬い!数回押せば”パキン”といって外れます。注意はエアー充填時、ピストンが動いて車体も動いて(TOPを出す為ギアを入れておく)しまいますので、輪留め&Fブレーキレバーを縛っておきます。

画像
ロッカーアームホルダーを外し4か所にスペーサーを入れ、3.0k程のトルクでヘッドを締めておきます。(完成後、全部のボルト(6本)を3.5Kの規定値で締めなおす。)

画像
バルブスプリングシート下にレーザーカットしたスチールの1.0mmスペーサーを入れてパーツを組み、慎重にコッターを嵌めます。・・これが面倒!^^コッターにはお約束のグリスを糊代わりに・・。

画像
こんな感じにベルトを使って締めこみます。これが一人じゃ一番やり易いですね。

画像
左側もササーと交換して完了間近。

画像
左側、INは後輪を使用。細めのタイダウン的なこのベルト(何時もBIKE積載に使用)、微調整が効くので、この作業には最適でした。

画像
左側も同じように・・作業の手順にもだいぶ慣れて早くなりましたが、何時でも慣れてきたころに終わりです。(笑)

画像
完成後試乗ですが、1000位は余計に回るように・・OHVだからこんなもんでしょうかね。未だ物足りない感じですが・・。(笑)

LeMans1000、ベアリング交換他

画像


LeMans1000、ツーリング時に違和感有りで入庫です。症状を聞くとどうも回転系、ベアリングチェック及び交換作業です。・・・それにしても暑い!!

画像
F&Rのホイールベアリングは交換、一応、スイングアームも点検です。ユニバーサルジョイント=OK!ピボット部大ベアリング(ユニバーサル)も大丈夫でした。

画像
 
画像

M/Tを後ろから見たところですが、嫌なOIL漏れも無く良い感じです。
画像
ピボット部(ユニバーサルが嵌る所)のデカいベアリングも正常でした。

画像
Rホイールのローター側ベアリングはLLU(赤)の密閉型を使います。水分をシャットアウトで持ちがいいですね。Fも赤が二つですね。

画像
ファイナル側はLLB(黒)でOKでしょ。

画像
ピボットの雌ねじも問題無しできれいです。ピンは左右の出方を同一にですね。

画像
ピボットベアリングもOK、!シールも問題なしでした。

画像
折角ばらしたのですからブーツは交換しておきます。これは消耗品ですね。

画像
元通りに組んで完成したLeMans1000。

BMW R100R改・・Vスプリング&レクチェファイヤー

画像

M/TのOIL漏れ修理が済、毎日のように快適に乗ってますが・・・どうも充電がイマイチ(ボルトメーターで12Vを欠けるように)のよう?こりゃレクチェファイヤーが逝ったかなー・・で。そうそうパーツ取り寄せで交換しました。
画像

物は汎用品(リチウムバッテリー対応品)の3相ジェネレーター用レクチェファイヤー(¥9800)です。=(このBIKEには某国産BIKEのアウターロータータイプの充電器を加工取り付けしてあります。)レクチェファイヤーはヤフオク辺りで中古品が沢山出てますが、不良品が多いので要注意ですね。=最近、単相(ドカ用=Guzzi)の物ですが、二つほどパンクしました。=中古品。(涙)
画像
GSXR250の物ですが、バッテリーとの相性が良くなかったのか?以前(数年乗って無かったけどね。)はドライバッテリーで問題なく機能してたんですが、リチウムにして500km位でしょうか、逝ったの。

配線もキレイにやり直して・・・交換後、エンジン始動!やはり、レクチェファイヤーでしたね。アイドルで13Vプラス、回せば13.5Vを指すようになりました。これで遠出も安心ですね。それにしても先日の”道志ツー”には何事も無くて良かったなー・・・少し回し過ぎで壊れた?^^

画像
画像

後はバルブスプリング交換で一応、完成でしょうか。ノーマルは写真↑のようにシングルスプリング!まーそんなに回すエンジンでも無いからこれで十分なんでしょうね。^^

当初、スプリングシート下に1mmのスペーサー(過去に1mmバルブシートを沈めてあるので)で対応しようと思ってましたが、どうせならとデュアルスプリングにしよう!そこでGuzziのスプリングを用意、SET長を調べて・・さて組みますか!と、やりかけましたが、待てよと少し調べてみたら、海外にはデュアルスプリングKIT↓なる物が出てるんですね。
画像
少し高価ですが、フルKITなので、問題出難いでしょね。リテーナー(チタン)&シート等がディュアルスプリングに対応してるので、安心。(笑)バネレートも相応の最適な物?

過去にロッカーアームも折ってることだしで、Guzziのスプリングは又次ということで・・・向こうからパーツ取り寄せです。

BMのスプリングは非常に柔らかいんですよね!それに比べてGuzziの物は硬い!硬ければ良いという物でもないのですが、Guzziは結構回しても先ず踊らないし、良いかなーと、しかし、アーム折れたら(BMの物はGuzziと比べて弱い?=SPレートが低い)面倒だし無難なところで!と言うことです。(笑)

(続)

LeMans1000改

やっとファクトリーが空いてきたので、数年ぶりに始めました。早く仕上げて身辺整理?(笑)
画像

本日はステップ回りの製作でした。ここまでできてるので、比較的先は見えてる感じ!

画像
V11系のエンジンですが、これは三輪車に積むノーマルです。三輪のエンジンは結構手が入ってまして、そのパーツを移植して使用する腹積もり。写真のエンジン(腰下)にカリフォ系のヘッド他を合体(バルブ等が小さくて低速に向く)、今回、カリフォのヘッドをばらしてみたのですが、バルブステムトップにも帽子が付いてるし、何とステムシールが付いてるんですね!旧Bigツインも少しづつ進化?してたよう?(笑)

そんなエンジンなので三輪車にはピッタリかも!今までのはキャリロのコンロッド&ハイカム&ツインプラグ等々が入っている高回転型、全く必要ありませんでしたね。^^赤フレームLeMansに丁度でしょ!

画像

これにアルミタンクとハーフカウルが付きます。オリジナル配線KIT,ウオタニの点火系=カムを交換してデスビを装着し無接点のピックUPタイプとなります。

・エンジンはそこそこ手の入った1100cc、キャブはFCR若しくはデロルトPHM40=今のところ未定。
・フライホイールはあえて軽くしないつもり。
・メーターはコンビメーターの予定。=ワイヤー類も減るし、スッキリするしね。
・アルミリムは3.00と3.50X18のEXCELのNewをステンレススポークで組んであります。
・タイヤ=ピレリスポーツデーモン、F=100/90-18、R=140/70-18、
・タンクはMySportと同じアルミタンク。(エノットキャップ=旧っぽいのが似合いますね。)
・フレームマウントのハーフカウルになります。

今のところはこんな感じですが、順次UPしていきますので、お楽しみに。

未だ、嫁ぎ先は未定です。

(続く)

MOTO GP BIKE 比較 ヤマハの不調は?②

前ログhttp://imaima.at.webry.info/201802/article_3.htmlで書いたヤマハM-1の不調=ホイールの剛性不足、どうやらホイールを変更したようですね!^^やっと気が付いたのか!ってところです。オランダ/アッセンTTでは両ライダー良いところ走ってますし、ビニヤーレスも三位表彰台ですが、笑顔が戻って来たようです。^^

画像
明らかにスポークが太くなったし本数&形状(回転方向が有るタイプで本数が違う=7本)が違うホイール=ドカティーと同じ形状(マルケ?)の様ですが・・。スズキも似たデザインですが、確かスズキはビトーR&D製のマグ鍛使ってた記憶が・・。

画像
以前の細ーいスポークホイールですね。

画像


画像


ビニは”電制システムを改善が功を奏した”と言ってますが、これも大きいでしょうね。ストレートで加速しないでスピンが多いBIKEなんて歯がゆいでしょ!乗ってて。性能差が少ない究極BIKEどおしの戦いで”ほんの少しのところ”が大きいのだと・・・。

次レース、ドイツ/ザクセンリンクが楽しみです。どれ位改善されたのかが分かるでしょうね。

New HONDA CBX1000・・如何やら1200!?

ホンダが市場調査用?にコンセプトモデルの絵をリーク?恐らく反応見の情報ではないかと思いますが、やっと面白いBIKE(世界中のカスタマーが望むような)を検討するように・・。しかし、出たら”Fの衝撃”を再び!でしょ。昔、近所のBIKE屋さんにFが入荷した情報が・・・見に行き、価格も聞かずにその場で契約でしたからね。(笑)

前々から言っているように、カワサキH2クラスの度肝を抜くようなBIKEを出し、”ホンダここにあり”を示して欲しい!これが一BIKEファンの願いなんですけど・・しかし、RC213VSみたいなBIKEはいらない!し、とても買えない。(笑)

もし、販売するなら問題は価格になります。上記BIKEの様な非現実的(2200万)プライスタグは勘弁して欲しい。乗りたい人が乗れる価格!その証拠にH2はよく見かけるようになりましたからね。カワサキは色々な面で”流石”です!⇔ホンダもこう言われるようになって欲しいですね。(笑)

画像
水冷6気筒1000オーバー(1200)らしいですけど、空冷風のフィンが刻まれてます。ヘッド横には可変バルブタイミング機構付きの様なパーツが・・。フレームはRC166風のエンジン吊り下げタイプですが・・。

画像
発熱が大きそうなので大き目のラジエーターが装備。ライトはLEDの四ツ目かー?センターに丸でOKなんですけど。(笑)

画像
マフラーが泣かせますなー!メガホンのカーブドで6本出し!こりゃ最高ですね。肝心の音は?その他、詳細に見ると・・・ウインカー、ナンバーステー、反射鏡、ミラー、タンデムステップ、触媒等々やる気満々ですが、期待を裏切らないように是非お願いしますよ・・本田さん!(笑)



画像
早く出さないとカワサキさんにやられちゃいますよ。(笑)

画像
こんなやつに憧れたなー昔は。^^