自作(BMW用)オーバーヘッドバルブスプリングコンプレッサー

画像

またまた、”無い物は作れ”精神を発揮!ヘッド回り等のメンテに重宝?しそうな特殊工具(大袈裟か?)を製作しました。バルブスプリング交換やスプリングSET長変更には最適な工具かと思います。

通常、上記作業を行うのにはシリンダーとヘッドを分けなければなりません。そこをバラス(ヘッドをはぐる)と色々と面倒な作業が増えてきます。・・・面倒なのでその説明ははしょります。^^

画像
出来てしまえば何てことない物ですけど、発想的にはナイスかなー!?(笑)

問題はバルブが燃焼室側に逃げる事ですが、これも一工夫(定石)しておきます。なんて事は無いんですけど、プラグ穴から高圧のエアーを充填しておくだけです・・・。
画像
これも手持ちパーツを組み合わせてOK!余計な物は買わない!ですね。これにエアー(10k)ホースをつないでおけばバルブは逃げません。もち、ピストンは上死点ですね。

画像
やぐらを立て"てこ"の支点にします。BMWのヘッドカバーを押さえるボルトですね。これが有るので出来たような物。

国産のオーバーヘッドバルブスプリングコンプレッサー はスプリング下を爪で引っ掛けてちぢめるのですが、スペース的(スプリングが斜めって狭い。)に爪が入りません。・・・入れば安い工具、沢山出てるんですけどね。(笑)
画像
通常のオーバーヘッドバルブスプリングコンプレッサー・・OHVやOHCの4気筒なんかには問題無く使えますね。これが使えれば簡単で安上がり(数千円)なんですけど。

画像
物が完成したので試しに手持ちのヘッドにて・・・まー上手い具合にスプリングはちぢみました。

画像
後は支点上下にカラーを作って完成でしょうか。

画像
コッターが見えてますね。磁石で簡単に取れますが、入れるのが難儀しそう!^^誰か来た時に手伝ってもらうかスプリングちぢめ!(笑)バーの長さを長め=1m強にしたので、簡単にちぢまるので車体にタイダウンか?

MyR100R改はバルブスプリングのSET長が緩めだった!(シートカット時に少し沈めて全て揃えたのを忘れ・・・汗)面倒なので我慢して乗ってたのですが、先日の道志ツーで少し物足りなかったのでの作業開始でした。・・・色々始めたのでついでにですけどね。^^

バルブスプリングシートにプラス1mmほど追加でサージングの回転数が結構上がると・・・現在は7000位なので、少し物足りませんでしたね。

R100R改のクラッチ交換

道志ツーの帰りにクラッチ不調でニュートラに入り難く・・見てなかったからなー!そこで、ドイツよりパーツ取り寄せのクラッチ交換です。結構、飛ばしたからかなー!でも、以前はこんなこと無かった・・簡単に減らない筈なんだけど??

画像
パパッとバラシて組み上げて完了!と思ったんですけど・・パーツ違いで止まってます。まー良いか、乗るの沢山あるし梅雨だし。(笑)

画像
カスタムBIKEで後ろがスッキリなので、作業の速い事!あっという間!ホントに。(笑)

画像
クラッチボルトがほれこの通りサイズ違い!安いけど、これが面倒ですね!外国からだと・・。ワッシャはOKなんだけど・・何で間違うのかなー??ドイツ人のくせに。(笑)これは取り換えが定石、バラしたら確実にね。

画像
バラしたパラレバーとホイール取り付け用のアダプターですが、これの制作は結構、苦労しましたね。後は・・結構、けつを上げてるのでピボット部の角度が強い為、心配していたペラシャ(ユニバーサルジョイント)、これは無事でした。新品は4万以上しますからね・・・それでも国内の半分以下ですが。^^

パーツ入荷次第組んでOKでしょ。これでほぼOKのBIKEに!キャブのセッティングも済み、気持ちよく下から上まで吹けるようになったし、ついでに多少のOIL漏れも直して完璧でしょ!!^^

道志&都留方面に・・。

6月14日、雨空の合間を縫ってツーしてきました。走りもそうですが、第一の目的、都留にあるうどん屋さん「おまた」を目指します。=微妙な名前ですけど中々美味いうどんを食わせてくれます。^^お店も次から次へとお客さんが入り、繁盛してますね!

集合は東名は海老名PにAM9:30、9時過ぎに到着したら既に皆さんお待ち!木曜なのでBIKEもそこそこの数でした。
画像
ウイークデイなのに有給を取った皆さん!(笑)マーニX2台、トライアンフトリプル、R-1。
画像
結局、BMWで参加の私でした。前回(伊豆)のツーリングから痛かった肩甲骨、未だ完治しなくて、セパハンではとても無理、楽に乗れるBIKEでの参加です。

頃を見計らって厚木のKさん宅を目指して出発です。Kさんも参加したかったようですが、仕事が入りキャンセル、そこで通りすがりですねで、仕事場拝見となりました。珍しいサンクターボや軽の改造車を拝見して宮ケ瀬は鳥居原Pに向けて出発。
画像

画像
鳥居原は天気もそこそこ良かったし、新緑が映えて最高に気持ち良かったなー!

多少のワイディングを楽しんで鳥居原に到着(10:30)すれば、既にトラが待っていました。「お待ち!」で少ししゃべって道志「道の駅」を目指します。ここからはワイディングの連続で楽しい道がまってます。皆さんここは余り走ってなさそうなので私が先頭を!あらぬところで時々”ねずみ”やってるしね。

画像
飛ばしたりスピードを落としたりと適当なペースで道の駅を目指します。ここは何度も走ってるので注意するところは熟知してまーす・・先頭は嫌だけど仕方ないか・。(笑)

画像
久しぶりのワイディングを楽しんで道志「道の駅」に到着、木曜だというのに結構な数のBIKEが出たり入ったり、皆さん有給?なんてね。(笑)

30分ほど休憩して少し戻り、道志道唯一の信号機を左折、山梨県道24号都留道志線=ワイディングの連続=都留に向かいます。私は道の駅までで十分堪能したので、ゆっくりと・・・マーニ二人の速いこと!あっという間に視界から消えました。(笑)

山を登って下って都留に到着、ガスを補給して直ぐそばにある”うどん屋”「おまた」で遅い昼飯です。
画像
つけうどんの冷、大盛で¥550なり!並みで十分っすね。食べきれないので若い人におすそ分けでした。(笑)
画像
肉入りのつけうどん、これでも¥1000はしなかった?かな。とにかく安くて美味いっすね。冷より暖かい方がうどんは美味かったかも?私には少し硬すぎ”かなー。^^
画像


昼食後、ここで解散、各々の道を目指します。R-1のS君は自宅が遠いので家に直行!他の三人はリニアモーターを見学との事、私は箱根から小田原→湘南→鎌倉→霊園横を通り→朝比奈から横横に乗り戸塚でした。

渋滞してるだろーナ・・と思いながらも、海を見たくなり七里ヶ浜Pへ向かいましたが・・・この季節は駄目ですね!やはり。(笑)”これでもかっ”て言う位疲れましたし、肩甲骨の痛みが・・半端ない!!

おまけにクラッチの切れが悪くなり、ニュートラに入り難い=最悪!調整しながら走りましたが、あんまり張ると滑っちゃうし、ギア鳴りするし、大渋滞だし・・ひどい目に遭いました。

横横にやっと乗って一気に戸塚まで・・・風呂に飛び込み一杯飲んで、夕飯も食わずに即寝でしたね。(笑)

画像
台風が太平洋側を通ったので、最高の波が立ったようです。名残りで、七里はまだ上がってました!やりたいなー!!

皆さん!またねー

Moto Guzzi V85

Moto Guzzi V85 Production Model
親会社のピアジオがデザインパテントを所得したようです。
画像


画像


画像


昨年11月のエシマにて発表された「V85コンセプト」、非常に評判が良く、いよいよ発売に向けて本格的に動き出したようです。

上二枚のCG画像はデザインパテントの物ですが、コンセプトを忠実に再現されています。大量生産向きに改められたということですが、ほぼそのままですね。変更はFキャリパー&取り付け、マスターシリンダ、排気系位だそうですが、見比べるとF回り、ライト回り周辺やキャスター、シート高等が変更されているようです。

まーCGなので、厳密にはいい加減な物でしょうがね。それでも久々にわくわくするようなBIKEが発進しそう!欲を言えば、このエンジン&フレームのONロードバージョンも出してくれると嬉しいのですが=LeMansの名前を冠してね。いずれ出そうな予感しますけど・・。^^

伊豆、下田方面に泊ツー。

26~27日の両日、伊豆は下田の「はな岬」を目指してツーリングでした。
画像

画像
五月の一番いい季節、天気にも恵まれ楽しく走れました。さすがの土日で、BIKEも多かったなー!何時もの様に沼津港で昼飯を食べ、下田を目指します。

宿も何時もの様に伊東園ホテルを予約、安いのが取り柄のホテルですが、バイカーには丁度良いですね。(笑)沼津港で昼飯(新しい店を開拓、少し高目ですが魚も美味いし静かで上品な感じ)を済ませ、伊豆のワイディング(海岸線)をたっぷり堪能してPM3;00過ぎには下田に到着、風呂も入らず先ずは乾杯です!^^

呑み助が三人も居る(割り勘は合わない!)ので、あっという間に缶ビールの空き缶が散乱、ひとしきり飲んでだべってお風呂です。風呂を上がればまた飲みだして、夕飯の時間、そこでも飲み放題ですから・・・。

良い感じで酒も回り、カラオケでも行くか!個室でなくて一般の方達と同じ部屋、酔っ払(特にお一人さん=爆)いが大騒ぎですから他のお客さんは逃げ出してました。(笑)ひとしきり謳って騒いで部屋に帰って就寝です。

翌日(27日)も快晴!少し暑過ぎですが、走り出すと良い感じです。帰りは海岸線を走り河津から天城越えをしての道程、帰り際に後輩がお札を買いたいというお寺さん、{さすってまたいで参拝! トイレと下半身の神様「明徳寺」}
を参拝です。
画像

画像

画像

画像

画像
何やら微妙な物が展示されてますが、なかなかの人気らしくて、バス旅行(女性だけ)の参拝客が・・。(笑)

参拝してお札を買ってお土産の魚を買いに又、沼津港に向かいます。日曜なので大混雑でしたが、お目当てのお土産を買って昼飯を食べて東名に向かいます。沼津から乗り、高速上で解散です。悪いけど、先に行くよ!であっという間に戸塚の自宅でした。

次の泊ツー、楽しみにしてるよ!





R100R改、「気になるバイクニュース」

またまた「気になるバイクニュース」さんにUp!
付き合いの長いBIKEなので、とても思い入れが有ります。売却予定でしたが、暫らくは自分で乗ることに・・。^^
画像

http://kininarubikenews.com/archives/18253
「気になるバイクニュース」の管理人さんのご厚意で、大のお気に入りBIKEをUPして頂きました。URLをクリック

MVストラダーレ800、少し弄りました。

MVアグスタベローチェ800からの乗り換え=ストラダーレ800、慣らしも進み8000上まで回すように・・。しかし、何故か気持ちよくない!ベロの時の様な高回転の突き抜け感が希薄、音ばかりで前に進みません。(笑)
画像
何か変なので早々MVヨコハマへTEL,案の定日本仕様のECUでした。

画像
これだけ乗ってたら分からないかも(まー私は文句言いますけどね。)しれませんが、イマイチの感が大!5500位からの伸びが不足気味、カムに乗る感じが無いんですよね。ECUを上書きして貰いましたが、結構、気持ちよく回るようになりました。しかし、未だ慣らしが完了してないので少し重めですか?10000km位走ると本来なんでしょうね。MVオーナーさんには書き換えをお勧めしますよ。日本仕様では本来の味が・・。^^

画像
スクリーンの大型化!ノーマルでもそこそこ防ぎますが、少し物足りない感じ。そこで国産スクーター(フィージョン)の社外スクリーンを用意(¥2000!)、カットして穴開けて完成です。後輩に下敷きですか?なんて言われましたけど、これでも抜群の防風性を発揮、少し頭を下げれば殆ど顔には当たりません。いやー楽になりましたね。見た目イマイチなので後日作り変えですが・・。(笑)

旧車で参加の皆さん、すいません!色々有、明日からの泊ツーにはこいつで参加です。^^

MV AGUSTA ストラダーレ・・ちょいカスタム・・右側ランプも・・。

無い物は作れ精神で・・。(笑)
画像
ベローチェから乗り換えたストラダーレ、驚異的に軽くて、まるで250ccに乗ってる感じ!それでエンジンは、魅惑のトリプル800cc、パワーも勿論ですけど、回り方及び官能的な音が溜まりません。(笑)

画像
SUSでリンケージを新規に作りました。

先ずは車高が足の長い私でも?(笑)若干高いため、ローダウンです。Rサスのリンケージを若干伸ばします。5mm程で車高は2cmダウン、これでつま先(ノーマル時)から親指の付け根から土踏まず前辺りまでつくようになりました。

これだけでも相当楽になりましたね。もう一つ、正解だったのはRがダウンしたお陰でキャスターが少し寝て、若干操縦性が大人しくなったことですね。元々はショートホイールベースの立ち気味のキャスター、クルクルと忙しいBIKEだったのですが、少し落ち着きがでました。ベースがモタード的なBIKE、それにサイドバックやら大き目のスクリーンを付けてロング志向にしたBIKEですから・・。

本来はRダウンした分フォークを突き出すのですが、上記のように操縦性の事を考えて敢えてそのままで、乗った感じも違和感は全くなく、高速コーナー等はとても落ち着いてますね。タイトなコーナーも元々が曲がり過ぎBIKEなので丁度いい感じってところ。

画像
純正では出ていないナビステーをSUS(1mm)にて製作、巧くできました。ベローチェにはステーが出ていたんですが、何故出さないのだろう?ベローチェの時は純正を模してクロモリで製作でした。あると便利ですねー!初めて走るブラインドのコーナー等(特に夜)では、先が読めるので安心して走れます。^^

画像
荷台兼TOPケース台。アルミ板にて製作、これがあるとツーリング時の買い物等で非常に重宝します。結構、大きな物や重量物もOK!です。

画像
 
画像
 暗い夜やすり抜けで大活躍するドライビングランプ(1200LM,7000K,10A.300メーター)を増設です。バッテリータイプのLED ランプ(チャリ用)ですが、強烈な明るさで、対向車や前車に少し迷惑なところ有りですね。カット(無?)がイマイチで全体に広がってしまう為、拡散した光が非常に眩しく感じられます。考えて使わないと・・・ですね。(笑)

画像
右側にも装着予定なので、ステーは最初から二個用で製作。ランプはLED、安くなった物でリチウムバッテリー(3V~5V)SETで¥2380-也。チャリ用だからかな?^^

2018/04/30
ドライビングランプ
画像
画像
左右取り付け完了!真っ暗な山道もこれで安心?すり抜けにも威力あるでしょね。

画像
リチウムバッテリーは一つは左フォーク、今回はトップブリジッジ頂上に付属のベルクロにて。バッテリー充電は消灯時に行えます。USB端子のメスを装着済、それに付属のケーブルで繋いでOK!

BMWR100改も車検取れました!

車検取れました。予備検屋さんで光軸調整したのに一回目はアウト!試験官が「右38°です。」おかしいなー?で左手で少し押して事なきを得ました。^^

画像


軽くて積み下ろしが楽なのでトラックで車検場に!Guzziと違い下す時(これが一人だと注意が必要!)も全く楽な物です。丸ライトは良いですねー先ず一発でOKです。

画像
 
画像
いやー軽そうで(実際軽い)カッコイイなー(自画自賛)(笑)ノーマル志向のBM乗りさんからは眉唾物だけど、乗ったら最高!あのドローンとした乗り味とは別物の乗り物です。=ただ”BMWの容(エンジン&駆動系)をしている”というだけかな。(笑)売ってしまうの、何か悲しいーなー。

画像
昔じゃ考えられないカスタムも法規さえ守れば(要所要所)車検もOKってところです。

今、ガスを入れに走って来ましたけど、以前を思い出しましたね。少し下が無いけど、気持ちいい加速感です。エンジンのゴリゴリ感、こんなにあったけ?(笑)少し、キャブ調整、した方がいいかもね。タイヤ新品なのでスタンド出たところで滑った!^^18/04/27 16:15

Guzzi&BMWの車検

昨日はLeMans1000、本日はBMER100改の車検です。旧い車両の車検は何かと疲れますなー!
画像
嫁ぎ先が決まったLeMans1000。スモールグッチ乗りさんが新オーナー。やはり、GuzziはBigツイン?両方味わってみたいのが人情・・と言うことで、乗り換えとなりました。

車検で苦労するLeMansの角目は、カンデラ数が何時も不足気味、今回はリレーKITを装着して万全の構え、お陰で2000程プラスで楽勝でした。このライトの殆どはリフレクターが駄目で、幾ら光量UPしても難しい場合が多いですね。

又、車検対応と謳っている社外のLED球は殆どがペケ!通った試しが有りません。眩しいだけで検査機器に反応しないのが原因、レンズカット&リフレクターの形状もLED球にマッチしていないところも有りですが・・。

画像

嫁ぎ先が決まりそうなR100改、一応車検を取って少し乗ってみますが、試走したところ1000ccにしては恐ろしく軽くて(更に軽くなった)フィーリング最高!気持ちいい!売るの考えてしまうなー・・付き合い長いので愛着有るし。^^

日曜の午後・・MAGNIスフィーダ

MAGNIスフィーダの常連さんが来店してくれました。
画像
オールペイントのスフィーダと赤銀スフィーダが遭遇!^^

画像
今回、赤のスフィーダはノーマルCPからフルコンに交換しての登場です。定評(低評価)な1100IEのインジェクション、黒のMさん号は我慢できずにFCRに交換!目の覚める様な乗り易さ,速さを得られました。

赤のIさん号は同じことをしても何なので・・フルに仕事の経験&利を活用!オーストラリア製(個人)のフルコンを導入しました。ネットの世界はホントに便利になりましたね。貧弱な取説しかついていないKIT,仕事がそれ系に強い人が多く、フル活用したようです。通常だと難しいかもしれないKITを物にして、抜群の効果を得られたよう。

CPからBluetoothでスマホ等に接続でき、グラフ等が画面に表示されるので思いのままにセッティングが可能です。現在はO2センサーが付けてないのですが、十分乗れる(パーシャル域が飛躍的に良くなったよう)範囲だそうで、別物になったとのコメント。なるほどエアクリを外してあるので通常は薄くてアイドルでも出た吹き返し等が皆無になりました。

交通の流れに沿った普通走りが出来るようになった!これが一番の収穫との事でした。^^

画像


画像


画像

タルガ750・・キャブ変更

なかなかセッティングが出ないPHF36、面倒なのでPHBH30/Guzzi用KITに変更しました。
画像
いやースムーズに走るようになった!ホント。^^

画像
最初からこれにしておけば簡単でした!^^下からついてくるし、上も結構回るので、とても乗りやすくなりました。元々が飛ばすようなBIKEではないのですが、これで十分過ぎるほど・・PHFが余りにも悪かったので、余計に感じるのだと思いますが、これが750本来の走り?(笑)

このエンジンはV7レーサーの物ですが、レーサーとは名ばかりでポートが30φと可愛い物です。それにPHFの36φは大き過ぎましたね、やはり。ピーク近辺は非常に力が有ったように感じましたが、トータルで乗り難いが本当のところ。

今回のPHBH30はGuzzi用KITで古めGuzziのT3他等に対応する物、排気量的にもポート的にもバッチリって感じです。お値段も2個SET+インシュレーター&バンド付き(6本)でとてもリーズナブルだと・・。もう少しジェットを弄って見たい感じですが、ほぼOKでしょ。

スモールGuzziにYSSショック装着

余りにも動かないRショックに業を煮やして散財しました。(笑)今回のタイ旅行にてYSSと言うサスペンションメーカが同国製である為捜し歩きました。しかし、小排気量の物は数多く有った(バンコクにあるバイクパーツ街)のですが、大型用は見かけませんでした。

向こうのショップは取り寄せるという発想が無いのか、何処に行っても「有りません。」の一言、まー言葉の壁があったので仕方ない一面も有りですが、片言でも英語が分かる人も少ないですねー・・。

画像

画像
劇的に乗り心地が良くなった”タルガ750”、このショックはYSSでは最安値の「Eシリーズ」=¥34000、です。減衰調整無、プリロードのみのシンプルなショックです。上下の取り付け穴はゴムタイプになります。一応、ある程度のオーダー(車重、ライダーーの体重、使用状況他)は可能。

画像
こちらは後輩に頼まれた、やはりタルガ750(仕様違い)のショックです。此方はワンランク上の「Zシリーズ」=減衰調整+プリロード可変付き+自由長可動(+10mm)。¥55000、取り付け穴はやはりゴム、ピロになるといきなり¥70000にUPです。(笑)十分でしょ!?改めて見ると、スプリングは両方ともプログレッシブな非線形(初期は柔らかく奥で硬い)を使ってます。=普通か?^^

上のイエロータルガは最近、よく通勤に使ってますが、大分楽になりました。突き上げ感が減少し、コーナーでも踏ん張り、接地感が増した感じです。=これが大切。

画像
上はナイトロンBIGツイン用、下がYSS,クォリティーもそんなに・・です。=さすが、シャフトの太さは違う!^^カラーオーダーも色々出来ます。今回は無難に2台分とも全ての部位をブラックに・・渋い!(笑)

MAGNI Nero

常連/MさんのMAGNIスフィーダが出来上がって来ました。ぱっと見、どこのBIKE?=英車?と見紛う出来栄え!なかなかです。シートもカラーに合わせて変更でした。Nero=イタリー語=黒
画像
スフィーダでのこのカラーリングはなかなか無いでしょね。イメージは黒金なので、JPSってところかな?なんて思っていたら、本日偶然、黒のスフィーダ1000(二人乗りなのでアルチューロでしたね。)が入庫!面白い物です。

画像
細かい所の手直しで本日、入庫。一台出れば、一台入庫と手狭なファクトリーが何時も一杯!何時になったら三輪を弄れるのやら・・。

画像
細かなところもご自分でカスタムされていて決まって来ました。オリジナルには全く拘らないカスタムの方向性が私と同じ、通じるところ有りますね。^^

画像
さすがにBIKE専門のペイントショップで施工、きれいですね。

画像
やり出すとキリがありませんが、Rショックとホイールで完成形かなー?(笑)

画像
大分、形になってきたMyR100改。”もう少し”からなかなか進みません。^^後はバッテリーケース=これがなかなか面倒!と配線少しか・・。

タイランド/ブリーラムのお友達

タイ/ブリーラムにて食料調達中に街中で、偶然見つけたカスタムショップです。オーナーのサマク君がとても気さくな人で、すぐに打ち解けました。まー同じカスタム好きというところですからね。^^
画像
同伴者のMさんとショップオーナーのน้า มรรค 君(Samak)、左はこのBIKEオーナーの弟さん。なかなかハンサムで俳優にいたーなクリソツのひと。
画像
欧州のカスタムシーンに良く表れるK100カスタムですね。集合のEXノートが良い感じでした。後ろのショップ内にはカスタム中?や部品取りの旧車がゴロゴロしてましたが、床が土間なので、少し埃が・・。(笑)殆どの小さなBIKE屋さんはそんな感じでしたね。

お店の軒下みたいなところではお客さん?常連さんかなーが自分のBIKE(VT系=BMWG310風SS)を弄ってましたが、商売になってるのかなー??他にも何人かの愛想の良い常連さんらしき人達がたむろしてました。一昔前の雨後の筍状態(バブル時のショップ乱立)だった日本の感じですか。^^

しかし、ぱっと見!のんびりしていて良いですねー。可愛い女の子は沢山居るし、何しろ物価が超安くて感激!夕食は殆ど¥150位でしょうか。可愛いお手伝いさん二人位雇って隠居生活も夢でないかも。(笑)嫁さんなんか「仕送りするから行ってたら。」だって。^^

画像
おまけですが、BIKE屋さんの近所で見かけたので、つい寄り道です。小象を連れた青年がレストランを回り餌を売りながら歩いてました。買った餌を小象にあげる分けですが、向こうでは神聖な動物ですから皆さん結構弾んでましたね。しかし、可愛くて頭良い(首輪もロープも無し)動物ですよ、ホントに!

MOTO GP BIKE 比較 ヤマハの不調は?

何故、ヤマハが不調になったのか?単純に好調なホンダとの写真での比較ですが・・。
画像


画像


写真を見ていて直ぐに気付くのが、ホイールの形状。ホンダは如何にも剛性がありそうな8本スポーク物。対してヤマハの物は細いWスポークの3本(ダブルなので6本か?)ホイールです。

元々がタイヤ屋なので、どうしても車でもBIKEでも其方に目がいってしまいがち・・・。当初、マグネシウムホイールにしてもホンダの物は如何にも重そうなイメージで、そこまで必要なのか?なんて感じてました。と言うのも、BIKEはバンクしますから横剛性は車程シビアでない?と思い込んでました。

しかし、実際はどうなんだろう?今や1000ccの究極4発エンジンは300psに近づいています。直線では電子制御が無ければ前に勧めない状況・・・あっという間に棹立ち。電子制御とエアロパーツで前が上がらないように抑えている。

勿論、コーナーでも電制が無ければ、後輪が滑り即ハイサイド→転倒。恐ろしくてアクセルは開けられない位のパワーでしょう?何しろ後輪駆動の二輪です。全て強大なパワーは電制で制御されていますが、肝心のコーナーでも駆動輪に掛かるストレスは並大抵ではないと思います。

又、その電制の細かなプログラミングを弄れる人間(世界で2~3人)をヤマハはゲットできなかった!と言うのがもっぱらの噂・・それも有りでしょうが、ヤマハのホイールは強度的に?この辺りをもう一度解析して欲しいが一ヤマハファンの願いでしょうか。(笑)

ホイールと言えば後輪ばかりでなく、前輪へのストレスも強烈!300kmオーバーからのフルブレーキング、BIKE160kg+ライダー60kgの合計がフロントタイヤに襲い掛かります!高剛性フレーム&フォーク&スイングアーム逃げるところがありません・・・全てタイヤとホイールに!

ロッシが何時も口を濁す・・タイヤがミシュランに変わったのも何か影響してるのかも・・現在、ヤマハファクトリーは泥沼にハマってる感じ、でも、ザルコは速い!?アクセルワークがとてもスムーズらしい=BIKE(後輪)にストレスが掛かり難い=他のライダーが選ばないソフトタイヤでも走り切ってしまうコースもあり。

いくらフレームを弄っても解決しないのだから、一度、ホンダの様な高剛性ホイールを使って欲しいなー!誰かヤマハファクトリーに進言して!(笑)

画像


ヤマハには高度な鍛造技術があり、上の様なホイールも製造できるのですから、早急にテストしてみるべきだと思うがなー^^



MOTO GP 冬季テスト(ブリーラム/タイランド)観戦②

画像
これはバンコクでのスナップ

サーキット外のBIKE達、圧倒的に多いのは勿論スクーターですが、若いお兄ちゃんはタイカブを弄りカッ飛んでます。(笑)=これが結構,速い!!大型はSS系は少なく、最新のネイキッド系(Z1000,GSX1000S等)をカスタムして乗ってます。

又、世界的流行のアドベンチャー&デュアルパーパス系も勿論多くて遠方から何台も来ていたようです。目に付くのはスズキVストローム650&1000=安くて良くできてますね。ホンダのX系、それと何処にでも居るBMW/GSですか。これらBIKEのライダーはちゃんとした装備で乗ってました。まー数百キロのロングで来てるんでしょうからね。

画像
驚くのがナンバー無、ウインカー無、ミラー無!!レーサー?とも見間違いそうなBIKE達が半パンツ、ノーヘル、ノーグローブ、スニーカーでカワイイ彼女を乗せてカッ飛んでます。彼女も短パンといったところです。多いのがSS系ではなく最新ネイキッド改ですが・・。

上記の件を現地在住の日本の方に聞きましたけど、自己責任でやってるらしく、保険にはちゃんと加入してるそうです。しかし、旅行者には警察もうるさいよう・・・お金になる?^^

全体の数%の富裕層は何でもありらしくて、何でもお金で解決!って感じだそうです。空港近辺にはフェラーリ、ポルシェ等の高級スポーツカー取扱店が何軒かありましたね。フェラーリの保有台数もアメリカよりも多い(一番ってこと)らしい??

画像
これ系の150ccネイキッドがバンコクでもブリーラムでも目に付きましたね。

画像

画像


画像
殆どウインカーなんて野暮?な物付けてない!(笑)交差点右折なんか怖いと思うけど・・・。
画像
カワサキは何処でも人気有りますね。
画像

画像


画像
V2の180~200cc?これは韓国か中国製のBIKEだったと思いますが・・・なかなか渋い!

MOTO GP 冬季テスト(ブリーラム/タイランド)観戦①

2月12~20日 タイはブリーラムで行われた今季二回目のMOTO GP冬季テストを観に行ってきました。
画像
ブリーラム/チャーンインターナショナルサーキット、お国柄かのんびりした感じですが、最終日の日曜日には凄い観客数で結構ごった返してました。チケット売り場が観覧席下でサーキット周辺から走行(間近)が垣間見れます。・・・余りにも大様。^^

画像
メインストレートの屋根付き下でしか日差しが暑くて観てられません!^^

BIKEも近くから見えるし強烈なEXサウンドが体に響きます。同伴者は”音で疲れる”と言って長時間は観てられないようで、席を何度もたってました。私は折角行ったのですからと頑張って観てましたけど、最終の三日目には流石に疲れました。

後情報で確認しましたが、やはりホンダが好調のようで30秒を切。現場では細かな情報が入らないので手持ちのストップウォッチでの計測、ヤマハはザルコ(今季、表彰台の真ん中ゲット!で来季KTMかなー)のみ好調でロッシ、ビニはイマイチ感が有りました。

ドカのロレンツォもイマイチの感じで、中上が思いの外良かったのには驚きました。現場の計測では32秒前後だったんですが、ルーキーでは唯一30秒台!合ってたんでしょうか?コースが・・。何か期待しちゃうけどなー?^^

画像

画像
イベントも盛りだくさんでした。タイの女の子は可愛くてスタイル抜群、笑顔が素晴らしいですね。水を差すようですが、「笑顔の裏に7色の顔」が隠されてるなんて、現地で知り合った日本人に聞きましたけど、それを聞いて微妙な雰囲気に・・。(笑)






さすが270PS超え!メインストレート1コーナー手前160~170m手前(ブレーキング開始)でも前輪が上がりそう!!な雰囲気です。=カタパルトで飛んでいく様なイメージかなー、(笑)有り余るパワーで前が上がるのを防ぎながら、如何に前進するかを細かく制御しているのが観て取れました。

ウイリーコントロールが何ければ簡単にひっくり返る(最高速付近でも!)パワーなんですね。ストレートは何処でも後輪だけで走ってる感じ、絶えずコントロールされているのが分かりました。それにしても凄いBIKEです。
(続)

タルガ750・・ソフトケース/C-Bow(ヘプコ&ベッカー)装着

画像
 
画像

完成しました。ヘプコ&ベッカー(C-Bow)のストリートですが、これは便利です。受けだけ付けておけばケースはワンタッチで使い回しがOK!私は既に2台のBIKEに付けてあるので、これで3台目・・・大変、重宝してます。

画像
良い感じでSETできました。若いころはバックなんて絶対に不可!だったんですけど、変わる物ですね。(笑)何か体に付けたり背負ったりが煩わしくなりましたね。

画像
勿論、このBIKE用の取り付けKIT等存在しないので、何時もの様に他車のKITを改造です。

画像
今回は安く手に入れたトライアンフ用新古品を利用です。C型のパーツ(C-Bow)は全て同一ですが、それをBIKEに取り付けるのが結構面倒な作業になります。今回も切った張ったで装着(三点止め)、最後は粉体塗装で完成です。メーカークォリティーの様な仕上がりで満足ってところ。^^

画像
すり抜け問題無しの幅に収まってます。^^一度、これ使うと外せませんね。