GWの泊ツー

画像

5月3~4日と後輩達と道志方面へ行ってきました。
画像
画像
東名「海老名SA]、午前中は混みそうなので、お昼集合。それでも結構な混みようでした。30分もお喋りして厚木出口に向かいます。

途中のスーパーで酒宴のつまみ&酒等を買い込みBIKEに括り付けます。^^昼飯が未だなので、そばでも”食うべえ”となり、良く行く「やまそば」へ・・残念ながら水曜定休!それではと直ぐそばにある「十割蕎麦」に向かいます。
画像
後輩の一人(S)は「こんな硬いそば初めて!」なんて言ってましたが、十割ですからねー。やまそば、「もっと硬くて太いよ!」なんて言ったら驚いてましたね。(笑)駅の立ち食いしか食べたこと無いんじゃないのー?^^
画像
画像

昼食後、道志方面ではお約束の宮ケ瀬「鳥居原P」に向かいます。時間が時間なので、そこそこの混み方でしたが、結構居ましたね。何時もの常連さん達は午前中なんでしょうね。
画像
鳥居原遊園から一時間ほどで道志の山小屋へ到着。早々荷をほどき、窮屈なウエアーを脱ぎ、」先ずは「一杯」ですね。^^

少し涼しいので「ストーブでも焚く?」で薪ストーブ点火!心地の良い暖かさに酔いしれます。(笑)後輩達も盛んに関心してましたが、ストーブの心地よさは格別で、ゆらゆらと燃える火を見ているだけでも退屈しません。

飲むペースも半端ではなく(ナッチ一人)=これで割り勘は無いよなー!とぼやく。飲んだり食ったりがひと段落して、「温泉でも行くか!」で歩いて1~2分の「道志の湯」へ、さすがGW,少し待たされましたが気持ちの良い温泉に浸かります。

温泉から出てまたまた酒宴が・・・大丈夫かよ?ってくらい飲みますね!私は少し飲み過ぎて気持ち悪くなり暫らく横に・・・その間も飲み続けてたそうで、生のジョッキが・・・。

PM8:00位まで温泉にいて、それでは帰りますかで山小屋に、残ってるビールを飲みながら昔話に花が咲きます。さすが呑み助は限界なので寝ますでソファーに、その後布団を敷いて寝かせましたが”べろんべろん”とはこの事。(笑)

翌日、6時前起床、ストーブを点けて朝飯の用意です。朝飯を食べて9:00頃には道志「道の駅」に向かってスタートしてました。
画像
ここも混みますなーさすが。
30分ほどBIKEを眺め、山中湖方面に・・・三国峠を越え、小山町に、246から松田のS君宅(ガレージ)に向かいます。やはり居ました!(笑)暫らくしゃべって、金時山の「うどん屋」へ昼飯を食べに行きます。昼食後、お口直しに天狗で有名な饅頭屋へ、お土産を買ってガレージに戻りお暇です。

S君家を後にして・・・・BIKEを見たいので「ユーメディア」茅ヶ崎店へ向かいます。色々なBIKEを見学したり跨ったり、エンジンまでかけて貰い楽しい時間を過ごせました。

後輩Sの第一候補はMT07、2番目がSV650・・・盛んに「安いなー」=(込々66=新古)を連発、「買っちゃえば!」。(笑)ナッチはXSR900(New=100)がいたくお気に入りの様子でしたね。・・・前からか!?

Guzziは”おもちゃ”で、ロンツー用=道具に「国産も有りだよな!」で皆で納得して帰宅でした。(笑)・・・・私はKTMの「ビースト」=(中古=140)=180ps/180kg台が良かったなー!

それでは、またねー!!

4/22~23の泊ツー②

画像
今回の宿泊先は国民宿舎「奥浜名湖」です。
画像
走り屋が良く使う「オレンジロ-ド」入口にあり、国民宿舎にしては小奇麗な宿でした。風呂からは浜名湖が一望に見え、食事も思ったより良かったと思います。北海道ツーの国民宿舎は酷かったからなー・・・ 雲泥の差!と言うのはこの事。(笑)たらふく飲んで、お一人様¥12000~4000.位でしょうか。^^
画像
呑み助のMさん(今回も飲みましたねー)=(BMW他9台所有)と程度極上クォータ(これ二台目のクォータ)で参加の乗り換えの素早いYさん(結構持ってますし飛ばします。)^^
画像
後輩のN(LeMans1000)とナッチ(Ⅲフレームの850Tモドキ=ラウンドの1000)=今回、私について来ようと?回し過ぎ?でタペット音が発生=(何時も変なところでいきなり飛ばす悪癖がある)。私の両隣の輩も異様に飲みます。^^・・ほぼ依存症??(笑)
奥は1000SのYさん(日産技術者)、練達!という感じの乗り方。
画像
関西からのリバーさん(R100GS)今回の泊ツー言い出しっぺ(LeMans1000も二台所有)です。左はR90のK君、金属加工の達人!?(歯科技工士)

国民宿舎を後にして、新東名は清水ICを目指します。今回、帰り道に含まれたプラン!「モトナビ」主催のオフミ参加です。新清水PA裏にあるパーキングで行われる何となく集まるだけのミーティング、ツーリング派が多いとの事で、当方好きなカスタムの集まりではありませんでした。

画像
それでも、約250台位は集まったでしょうか、普段ソロが多い方の集まりだそうで、ホントにツーリング派の中の走り屋風かなー・・・雰囲気は。
画像
着いてみれば昔からのBIKE仲間、BMWR100RS改のギッチャンがお出迎えでした。
画像
こんなBIKEが沢山居るのかなーと思ったんですが、ごく少数でしたね。しかし、色々と見応えはありましたよ。^^
画像
昔のRZモドキ、XSR900。.着せ替えSET(ワイズギア)を付けたやつですが、結構なお値段で!
画像
ホンダはこんなやつを出せば受けるんですが!分かってないメーカーですなー。それでも6気筒の噂が出始めましたね。「CBX900」とか言うのですが、”ヤングマシン”ネタだからなー。(笑)出たら、「即買いしますよ。」・・・こう言う人、私を含め、相当数居ると思うけどねー世界中に!
画像
当方のお客さん、Sさんのルマン1000エンジン(スクウェアをラウンド加工)のLeMans1モドキです。LeMans1にしては途轍もなく速いです。^^キレイに乗っててくれて製作した私も嬉しいですね。
画像
お隣はモトコカウル付き1000S,1000S/Yさんのお知り合いだそうです。・・・何処かでお見掛けしたお顔??
画像
皆でじゃんけんポン!Tシャツやその他グッズ&飲み物を!私たちは早めに出発でした。この後、駿河湾沼津PAに向かい、海鮮丼に舌鼓を打ち、一応ここで解散でした。
帰りの一人旅はマイペース(フンニャラ80~00オーバー)で、PM2:30には自宅到着です。

皆さん、今回はありがとうございました。又、宜しく!

4/22~23の泊ツー

天気にも恵まれ、色々と楽しめたツーリングでした。結局、選んだBIKEは「Sport」、前日まで調整を繰り返した「LeMans1100」、土壇場で不調になり変更でした。

此方、関東方面からは7台、関西から1台の参加でした。東名「足柄PA」AM10:00集合、自宅を早め(AM8:30)に出発、・・・少し早過ぎましたね。^^
画像
少し早すぎたので中井PA【下り】 で休憩です。用を済ませて暫し休憩。9時ちょい過ぎに出発ですが、時間があるので100kmで巡行、しかし、殆どの車が130~40以上出してるので、100kmで走るのは怖いですね。高速100kmは撤廃するべきでしよ。^^
画像

画像
のんびり(100km)走って足柄に到着してみれば既にBMWR100RS(新規導入)のMさんと、クォータ(新車のよう!)のYさんが既に待ってました。早!!
少ししゃべっているとどんどんやってきます。^^30分位してから浜名湖方面に向かって出発、次の休憩は日本坂SA.
画像

画像

画像
ゆっくり走ったり飛ばしたりであっという間に到着、夏のような陽気で思わずICEクリーム(ソフト?)などを・・・これが安くて美味かったなー!(カップで¥220)食べて(量)も有りで,お勧め。

次の目的地は「ヤマハコミュニティープラザ」ですが、丁度お昼時なので、その前に腹ごしらえとなりました。折角の浜名湖方面なので、当然「ウナギ」でしょ!
画像
目的地極そばのウナギ屋さんに・・・。
画像
私たちは金に糸目を付けない(爆)(¥2800ですが・・)「うな重」の二段重ね!これは美味かった!(他の連中は¥1800のランチ。)
塩焼きとたれの二種が入っています。関東物と違い、蒸かして無いので、身も確り!柔らかすぎずに良い感じでした。

食後、プラザに向かいますが、ほんの数分の所で、遠方からでもビル上の赤の「ヤマハ」が目立ち、分かりやすくて良いですね。東名磐田ICからでも6kmくらいです。
画像
ヤマハ党としては一度は来たいところでしょうか。国産ではヤマハが好きだし、車歴も多い!?無料なんですね!
画像
ヤマハの敷地内にやたらとホンダ(Bバード)が、(笑)オフミでもあったんでしょうか?
画像
入館すると先ずはR1がお出向かいです。やはりデザインもバツグンですね!横のMT10・・形は凄いけど、跨ると軽くて良いんですよね。もう少し若ければ・・・。
画像
V12気筒の小ぶりなスーパーカー、発売されなかったけど、素晴らしいコンセプトの車でしたね。
画像
新旧取り混ぜての展示で、懐かしいやら珍しいやらでした。
画像
スクーターでは現在、一番気になっている「X-MAX]です。250としては小ぶりで高性能、(可変タイミングのブルーコアエンジン)やはりヤマハは良いとこついてきます。今の250は何処のも”でか過ぎ”ですね。
画像
M1ですが、MOTO GPでは抜群の完成度と乗りやすさで群を抜いてます。形も美しいの一言!理にかなった進化をしていますね。
画像
SCR950.昔乗っていたXV750Eの進化型になるのでしょうか?少し気になるBIKEですが、950にしては物足りないパワー(50数馬力)と車重(240kg程)、すこし軽く(-40kg)なれば素晴らしいBIKEになると思うのですが・・・。やはり、BIKEは200kgがリミットですね!私的には。^^
画像
大ヒット作/MT09エンジンのカットモデルです。凄いピストンなんですねー少し前のレーシングエンジン並み、パワー有るわけだ。^^クロスプレーンクランクの形状も良くわかります。
画像
画像
一連のレーサー軍、全てデザインが秀逸!性能もね。
画像
YA-1、通称「赤とんぼ」。BIKEデザインの美しさはここから始まった!?ヤマハデザインの象徴的BIKEですね。
画像
懐かしいBIKEの数々でしたが、これは超懐かしいなー。YDSですが、夜寝ていてもEXノートの音で、遥か彼方を走っていても分かりましたね・・・独特のEXノート、良かったなー!!

(続)

LeMans1100・・・④ 点火系

色々あり、点火系も交換しました。今まではドイツ物のマルチ点火を使っていましたが、ピックUPの信頼性が無く、何度も泣かされ続け「ITSオリジナル点火KIT」成るものを製作、これに変更しました。
画像
今回、泊ツーに乗っていきたいので、毎日遅くまでの作業でしたが、何とか間に合いそう。^^

しかし、キャブ(PHM40)には苦労したなー!点火系かと思い一日かけて交換したのですが、症状(3000~4000で息つきで回らないが上は回る)は消えず・・・結局キャブ(新品ですよ!)が原因(三日損した!)でした。後日書きますが、こんな事(キャブの欠陥というか・・)あるんですかねー??何度も取り寄せてるんですが、初めてでした。(涙)

画像
モゾュール&COIL関係は「ウオタニフルパワーKIT]を使用します。9通りの点火カーブを選べる優れもの、まー使うところは決まってしまいますが・・。^^
画像
画像
肝心要のピックUP部ですが、国産ピック仕様なので、先ず壊れることはないと思います。これには何時も何度も泣かされたなー!実は今回も車検で入庫したマーニのピックがいきなり逝きました。つい最近、新品をSETしたのですが、原因不明・・・リチウムバッテリーが原因ではないかと??流れが良すぎでピックの極細COILが断線するのでは?ケーターハムのサーキット派(リチウム仕様)が同じようなトラブルで結構、泣かされたようです。

画像
こやつが信頼性0の点火KIT,何度も泣かされましたが、他に良いのが無い為しょうがなく使っていた分けです。

対応も最悪で、不調は全て此方のミスにされます。欧州ではこれに懲りた何軒かの販売店が取り扱いをやめています。又、不調なのでチェツクしてくれと送り返すと、「何でもない」が常套句!とんでもない送料を請求され、不服を申し立てると返品してくれません!既に2件焦げ付いてます。(一年以上)

画像
画像
アルミタイプの深いカバー+ノーマルのプラスペーサーを使用してる為か、10mmのスペーサーで逃げることが出来ました。通常の樹脂カバーだと20mmスペーサーになります。

画像
これにも使ってます!第一号ですね。最高に調子はGOOD!ワイドオープンするとフレーム(スイングアーム?)が何かのきっかけでよれます!!(笑)

R100R改・・・次はこれだな!

ファクトリー内が少し空いたので、自宅ガレージより本日、持ってきました。
画像
さて、どんな風にカスタムすんべーかなー?久しぶりにに引き出して、軽トラに積み込みましたが、軽いですねーホント!軽トラから降ろすのにもGuzzi辺りだと緊張するんですけど、これは恐ろしく軽いので、難なく一人で(鼻歌交じり)出来ました。^^

降ろしてファクトリー内で点検です。フォークシールが逝ってるし、各部に錆が出始めてるよう、ガレージはノーエアコンなので、少し痛みが早い感じ、持ってきて良かったっす。^^

へたに弄らないで、これはこれで乗りやすいし、BM(空冷2V)にしてはパワーもある?し良いんですけどね。道志のワイディングなんか、最高に面白いんですけど・・・少し迷うなー^^

画像
タンクはアルミのもう少しスレンダーな物、シートは小ぶりのシングル、カウルは??ロケットになっちゃうのかなー??マフラーも少し短くしたいし、メーター回りもイマイチだし、ハンドルはセパハン?

画像
イタリアヤマハ/ブルドックのライト&スクリーンですが、どうしてもヤマハ系のパーツに・・・ヤマハはデザインが昔から秀逸!赤とんぼ(YA-1)なんて最高に良かったなー。^^

画像
空いたところにスッポリ!BMはシリンダーが邪魔ですね。(笑)

(続)

メーターパネル・・裏技。

画像

LeMans1100のメーターですが、結局使っていた物をそのまま使うことに・・。しかし、メーターパネルが合わないためパネルを交換です。あーそれと、ブレーキOILタンクもスケルトンで今風でしょ?(笑)

画像
在庫物のパネルはタコが100φ、SPが通常の80φ用、しかし、使っていたタコは90φ!・・・うーんと、どうしようか?100φのタコも有るけど、これはCPからの信号用で動きがリニアじゃなくなる。改造も面倒だしで、今まで使っていた物(昔のXV用で思い入れがある)をそのまま使いたい。

画像
100-90φ=10mmを何とかすればOK!そこで、オニオンリング状の物を二枚切り出し(レーザー)帳尻を合わせます。

一枚はパネル100φ(メーターが入るパイプ状の厚みX2をプラス)の外径(103φ)と90φの内径のリング(メーター外径=1mmのSUS)。もう一枚はガタが出ずメーターがパネル/パイプ状のセンターに来るように100φ外径、90φ内径(2mmSUS)のリングを製作、これでバッチリ取りつきました。

画像
これで完成となります。良く見ないと分からない!けど、結構重要、こうしないとメーター落っこちてしまうし、見てくれ悪いし・・。(笑)

画像
ミラーはイモラタイプに・・やはり、これだね!!^^

こう言った細々した物に時間を食われるんですよね、でも、案外楽しんでる(巧くいってる時には)ところも有りです。^^

LeMans1100・・・④完成!

画像
一応、完成しました。今月行く予定の泊ツーに間に合わせようと結構、頑張りました。^^
画像
欧州によくあるパターンのカスタムですが、Guzziらしさに溢れててなかなか良いと・・・自画自賛。(笑)
画像
タンクは暫らくはこのままアルミ地肌で良いかなーと思ってます。カスタムらしくて良いでしょ?^^
画像
Guzziカスタムお約束のカウルは、LeMans1タイプ=V7用社外=Nさんから安く買えたのがあったので装着。まーお決まりのパターンですけど、似合いますよね。写真ではミラーはバーエンドになってますが、通常の物(イモラタイプ=これがGuzziにはベスト!)に交換済。取り回しに邪魔(手の甲がぶつかる)ですし、どうもあれは駄目ですねーやはり。
画像
↑Before After↓になりますけど、結構、大変(出費も)でした。ぱっと見、誰も中身が同じとは思わないでしょう。^^

Fを25mmも突き出してあるのと、車重が40kg以上軽くなってる(筈)ので、操縦性は激変してると思います。(跨り左右に振ると軽さが際立つ)又、タイヤもコンチネンタルから出た旧車用?のラジアルにすれば更に良くなるでしょねー。

「ツーリングスポーツ」って感じかなー・・・(笑) 自分で言うのも何ですけど・・・これだけ同じ車種やってると、作り慣れてきたというか、まとめるのがそこそこ巧くなってきた感じです。^^
画像
ステップが私にはすこーし後ろ過ぎ?若い人にはGOODかも。^^このバックステップ(ドイツ物)もカチッ!としててなかなか良い感じです。
画像
これならすり抜けにも気を使わなくて済みます?
画像
ヘプコ&ベッカーの「ストリートネオ」、良い感じに付きました。これ、凄く作りが良くて重宝だし、カッコも好きですね。「ストリート」(以前の物)に比べて当たり前ですが作りが確りしました。「ストリート」は使い込むと殆どが下に垂れてくる・・・その辺りを改善したようですね。
画像
結局、キャブ(デロルトPHM40)とマフラー(ミストラル)&バックステップもNew、その他、カウル、アルミタンク、シート、テールランプ、ハンドル、ミラー、メーターパネル、アンダーフレーム(粉体塗装)、ヘッドライト(シビエの小ぶりの物)、SPメーターケーブル等々と交換した物は多肢に渡ります。
>この車両も暫らく乗ったら販売しますので、宜しく!

LeMans1100・・・③ 1000Sフレームが上がってきました。

画像
サイドソフトケース(ヘプコ&ベッカー=ストリートネオ)の取り付け金具(C-BOW)をSETします。これはワンタッチで装着、取り外しができる優れもので、SPORT改にも使ってますが、一度使うと放せませんね。^^
金具取り付けステーの制作&ペイントだけで、二日は掛かってしまいます。何もない空間に一人(手が二本)で作るのはホントに厄介な作業!左右も揃えなければならないし、面倒ですねー。
画像
画像
これはシートキャチャーですが、位置決めが面倒で、高さを決めるのもなかなかの作業・・・ガタが出るので。前側も左右上下に振れないよう受けを作ります。こういった作業の連続でイライラ!(笑)
画像
出来てしまえば何てことないのですが、カチッ!とシートがロック出来て気持ちいい!!
画像
このソフトケースはSPORT改の物=ストリート、感じを見るため拝借。新型「ストリートネオ」=Newが安くゲット出来たので、このBIKEにはそれを使います。ワンセット有れば十分なのですが・・・。

1000S
画像
さすが粉体!つるっつる!(笑)
画像
これを経験しちゃうとやめられないってか。
画像
今回は全て艶有です。

さーLeMans1100も形になったし、今度は1000Sかー・・。(汗)そのあとは赤フレームのLeMans1000改が待ってるし・・・これのエンジンは三輪車(JZR)につんであるやつを使う予定、と言うことは三輪車(エンジン他)もかよー!!

前後して、BMW100R改も外装のチェンジを考えてます。タンク&シートは手配済、マー形的にはロケットカウルのやつ、"Rナインティー"/レーサー風かなー??色も白が・・。(笑)

LeMans1100・・・衣替え!? ②

画像
大体、こんな感じですかねー。全て、在庫品を使いまわしですが、結構型tになりました。^^シンプルイズベスト!?

画像
後はダウンフレームが粉体から上がって来るのを待ちます。これで、ステップボードは無いですからね。

画像
Fフォークを25mm程突き出し、姿勢を整えました。以前のは前上がりで、ホントにツー仕様でしたから・・。突き出しにセパハンをセットして丁度いい感じです。

メーターをどうするか考え中ですが、プレートを新規に切り出し、雰囲気を変えるか・・・・ワンメーター(コンビ)にするか?雰囲気がクラッシクなので今までの物を使い、オーソ-ドックスにツインメーター(タコ&SP)か??
画像
こんな感じか?

画像
この色目でも”カスタムしてますー!”で良いのですが、どうせならLeMansカラーで行くかなー。^^

(続)

LeMans1100・・・衣替え!? ①

画像
ツーリング仕様に設えたLeMans、MV導入で全く乗らなくなり、このままでは可愛そうなので少し弄ることに・・。

これはjこれで完成形で色々な処に連れて行ってくれました。安楽ですし、飛ばせば1100なのでそこそこ走ります。しかし、歳を重ねてくると重さが堪えるようになり、MVもあることだしで改造に・・。
画像
取り敢えずはTOPケースやサイドケース、細々したキャリア類を外します。これだけでも相当軽くなったよう。

タンクは今までもアルミでしたが、少し長すぎなので、これに交換かなー?今回のカスタムは極普通??のBIKEを目指しますので、タンクもノーマルとほぼ同じサイズ。装着されているカウルは防風性バッチリなのですが、すこし重いしGuzziらしくないので、これも変更です。LeMans1タイプがあるので、それにしようかと熟考中。^^

画像
シートは取り敢えず在庫物を乗せてありますが、マーこれでOKでしょ。これはシングルですが、Wタイプも有り、簡単に交換はできます。=取り付け部(方法)が一緒。

画像
フェンダーも少し長く重いので短くカット!テールランプ類はスッキリしたこのタイプに変更します。これも今までの物と比べると半分の重さですね。

(続)

1000S,フレーム粉体塗装!①

結局、全バラでフレームは塗装屋さんに・・。
画像
あっという間にバラバラ・・。
画像
細かな部品が無くならないように・・・と言っても組む時に足りない!?探す時間が・・・。^^
画像
エンジンの中身はバッチリなんですが、少しガワが汚いのでお化粧します。
画像
画像
小間物も一緒に塗ってもらうので、フレームに括り付けておきます。Sportのマフラーステーもドサクサに紛れてです。^^ITSオリジナルサイドスタンドやメインスタンドも粉体でつるっと見違えます。これから製作するLeMans1100改のダウンフレームも出しときます。

上記、1000Sのレストア記=エンジンO/H他=過去ブログ
1) http://imaima.at.webry.info/201304/article_3.html
2) http://imaima.at.webry.info/201304/article_5.html
3) http://imaima.at.webry.info/201305/article_1.html
4) http://imaima.at.webry.info/201305/article_3.html

(続)

850T3にOil filter outside ②

取り付け完了!ぱっと見、気にしなければ分からない改造・・でも、非常に便利ですね。
画像

Before
画像
画像

After
画像
画像


画像
ノーマルOILパンを外して新旧OILパンを並べチェック、問題無いので内部パーツを移植します。

画像
Oil valve cpl.(プレッシャーレギュレーター)を外して写真の14mm雌穴に取り付けようと・・・両側の壁が当たり、芯が出ません!リューター&ベルトサンダーで壁面を削りクリアランスを取ります。面倒!完了して次のパーツ移植へ・・。

画像
全て・・と言っても大した数ではありませんが、完了です。ドレンプラグは後ろ側壁面から下側になります。寝転んでOILパンを装着し・・・これが疲れる作業ですねー・・BIKEリフトが欲しいんですけど、場所取るからなー。^^我慢我慢っす。

後はフィルターにOIlを注ぎ下から装着、エンジンOILを規定値入れて完了となります。一応、エンジンをかけて油圧ランプをチェック、フィルターを手で触って暖かくなるかもチェックしてOK!ですね。^^

画像
なかなか見れないので、写真撮っときます。問題ないですね。

850T3にOil filter outside、1000Sに大径ディスク!

画像
作りはかなり良いと・・・。

Guzziでは当たり前のOILフィルター交換の猥雑さ!(フィルター交換の度にOILパンをはぐる!)これを解消する為のフィルター外付けKITなるものが存在します。MySpor(外付けタイプ)tにも取り付けて有りますが、非常に便利この上ないですね。^^

今回入荷(お客さんのリクエスト=ついでに1SET在庫分も・・)した物は、V11等の様に下からフィルターを嵌め込むタイプで、フィルター自体はOILパンに隠れてしまいます。

画像
KITとしては、OILパン、OILフィルターx1、フィルター回し、ガスケット、取り付けボルトがSETになり、G&G製の物になります。

外付けタイプよりも多少お高くなりますが、フィルター干渉(車種によりEXマニに・・・)が有りませんので、付けやすく、雰囲気的(デザイン的)には旧車向きでしょうか?
画像
MySportに使っている外付けタイプのOILパン、これは一番高額な物ですが、安いタイプ(ノーマルのパンに挟む)もあります。これは旧車系には似合いませんよね。


1000S
ノーマルのフロントディスクローターが如何にも小さい!!Rはステンレスローターに交換済なので、Fが余計に小さく見えますし、横から眺めるとRの方が大きく見える始末、我慢できずにオーダーです。^^
画像
未だにフレーム=粉体をするか悩み中!まー今まで850Tにかかり切りだったので、手が回りませんでしたが、やっぱりバラしちゃうううだろうなー。(笑)
画像
偶然1000Sがもう一台、常連さんの車検でした。やっぱ、小さいでしょ!?(笑)

LeMans1000&1000Sはノーマルでは前後とも270φの鋳鉄ディスク(フローティング)、これを300φのステンローターにするわけです。これで効きも抜群に良くなるし、おまけに雨にも強くなる・・。
画像
製作中(レストア)の1000Sに300φのフローティングローターを奢る!^^

画像
ノーマルのショボイこと!^^キャリは最初から4Pなので文句なし、サポートをひっくり返して300φに対応させます。・・・誰だ?ひっくり返せば使えるなんて言ったやつ、全然ダメじゃん!(笑)、向こうからパーツ取り寄せ中!!^^

(続く)

RC213V の羽根・・2日目、 ドカも出しました。

今季、最後のテストがカタールで始まりましたが、HONDAの羽根が公開されました。
画像

画像

画像

後付け感たっぷりのウイングレットで、何か未完の感じ!しかし、効力はあるようで、装着したマルケスは二度も転倒!その為か?タイムも伸びず不覚の12位の順位・・・・まだ、二日ありますから上げてくるのは確実。

思いの外ダウンフォースがあるようで、コーナーエントリー等でフロントが沈み込みすぎ、底付に近い状態での転倒らしいです。これを使うのもFの足のセッティングに時間を食われそう・・・。
画像

画像
上二枚の絵は、Ⅱ型とでもいいましようか・・・これの方がスマートでカッコはいいですね、効きは?ですが・・。^^
画像
これはスズキの羽根ですが、一枚羽をカバーするタイプ、ホンダの物はこれに似ていますね。
画像
後付けウイングレットのレギュレーションですが、各メーカー色々と試行錯誤しているようで面白いですね。

しかし、肝心のドカティーが未だ発表しませんが、羽根無で今回は何とドビがトップタイムを記録、ロレンツォも5位と好調?の様子です。このコースはドカ向き?

カタール2日目、いよいよ本命のドカが、出しましたねー。^^
画像
これも後付け感タップリですが・・・効きは相当な物で、禁止前のウイングとほぼ同じレベルだとか?しかし、もう少し独創的な物(おー!そんな方法があったのか!)を期待したのですが、何か普通でしたね・・・カッコ悪い(行燈凧?^^)し。(笑)

画像
話題の通称”サラダBOX”、これもガックリの答え?でしたなー。マスダンパーか何かだと思っていたら、何のことはない電装BOX,Fエアロのお陰で入らなくなった電装を収める物らしいですが、ホントなら{何だー詰まらん!}ですね。(爆)

下の各メーカーウイングレットの中のアプリリアの物と若干、似てますね。まーフォーミュラーカーF造形の後を追うようですなー!^^
画像

んじゃ、アプリリアの電装は何処やったの?って、なっちゃいますけど??^^

MOTO GUZZI 850T3 似て非なる物!

画像


画像
ベースは同じ850T3,しかし、中身は別物!常連さんのT3改は本日車検でした。久しぶりに乗りましたが、強烈なトルク感!流して乗ってよし、回して乗ってよしってBIKEで、結構楽しめます。^^

エンジン・・・クランク&コンロッドをSport1100(ノーマルコンロッドでは組めない)、ピストン&シリンダーがジラドーニの88φ、カム&スプリングはシュリック、バルブ関係もLeMansの大径、キャブがFCRとくりゃ、走らないわけないですよね。

車体の軽量化もノーマル比、マイナス40~50Kg、実測で200を切ります。回し込んだ時の加速は目を見張るものですね。

画像
こちらのノーマル850T3,これはこれで有りで、つい最近オーナーさんが決まり車検を所得、調子見るために乗ってますが、思いの外良く走ります。

排気量はノーマルの850ですし、キャブも昔のPHV30、走りも馬鹿にしたものでなく、乗り味はなかなか雰囲気があり楽しいBIKEです。ゆったり流すもよし、飛ばしてもそこそこ良い感じで走ります。こういったBIKEは他にはなかなか思いつきませんですね。(笑)

1100SPORT2号が完成!

やっと完成しました。外装の手直しに時間が掛かりましたが、なかなかいい感じの仕上がりではないかと・・。
画像
外装はカウル&タンクはデイトナ、シートカウルがアプリリアRSレプリカ、キャブはPHM40にファンネル仕様です。バッテリーはショーライ、ハンドル、メーター、スイッチ関係はノーマル、点火系、充電系もノーマルを使っています。
画像
マフラーはテルミニョーニの分割タイプ、タイヤはダンロップSPORTMAX α-13の新品をSET。
画像
ミラーはレア物の丸タイプ。
画像
スクリーンはおNewをSET、大分スッキリしました。

ご興味ある方は連絡お願いします。

1000S
画像

画像
1000Sも少し進み、あとはタンクのペイントのみとなりました。これも販売中ですので、宜しくお願いします。

MotoGP Phillip Island テスト2 Newカウル

ヤマハに続いて、スズキ、アプリリアとNewフェアリングを装着してきました。やはり、レギュレーションをクリアするには今のところこのタイプしか方法は無いのか?
画像
スズキのフェアリングはヤマハとは少し違い、上の方に開口部が・・・。ライダーは「効いているのか良くわからない?」「ウイリーは多少抑えられる?」位のコメントです。
画像
少し特徴的な新型フェアリングですが、これのお陰かアレイシ・エスパルガロは二日目、何と6位のタイムを出しています。アプリリアにとっては驚異的なタイムですね。

本国での風洞実験では最高速を犠牲にせず、ある程度のダウンフォースを獲得出来たとのことですが、他メーカーに比べると非力なエンジンには好都合かもですね。又、この二重フェアリングは各メーカーライダーが異口同音に「コースとのマッチングが重要」で、どこでも使える分けでは無さそうとのコメント。

そして、本命のドカティーは未だ発表しませんが、明日あたり?しかし、肝心のGP17がイマイチのようで、GP16に負けてる始末、ロレンツォも迷宮に入り込みそう?結構、焦ってるんではないでしょうか?
画像

曲がらない、ブレーキングで奥まで突っ込めない、コーナー脱出時のアクセリングがイマイチと、ロレンツォには不利なことばかりです。羽根どころではないのかも・・・?動画を観ても、ロレンツォ特有の線を引いたようなスムーズで深いバンク角のコーナーリングが乱れている感じです。

1000S&1100Sport

1000SのフォークOIL漏れ(O/H)、ハンドル及びマスター交換、アウターチューブペイント若しくは磨き、タンクReペイント他に着手しました。

2/12 外装のペイント以外はほぼOKかな。
画像
フォークシール交換&O/H、ハンドルをセパハンに、、メーターステーを新規に、Fマスター交換、あとは外装のReペイントとカウル(LeMans1)を付けて完成になります。

フローチューン/ヘッド、FCR,レンシュポタイプマフラー(G製)、点火=ダイナ、Fフォーク=フォルセラ40φ、7075削り出しUPクランプ(ハンドルポスト有)、Fキャリパー=ブレンボ4Pの「カスタム1000S」になります。販売中ですので、ご興味ある方はご連絡を!

画像
LeMans1カウルを装着予定。賛否在りますが・・・。
画像
UPハンからセパハンに変更です。それに伴いメーターステーをSUSにて製作、大分スッキリ!
画像
フォルセラ40φ、オイルシール交換&OIL交換、アウターチューブが汚いので、何とかしましょう。

1100SportはほぼOKの状態まで・・。あとは細かな詰めで終わりです。Fフェンダーのペイント、Rブレーキを交換、外装の手直し位でしょうか?
画像
タイヤはダンロップのハイグリップラジアル(SPORTMAX α-13)のおニューを奢りましたが・・・。
画像
キャブはノーマルのPHM40、ファンネル仕様になります。メーター関係はノーマル、タンク&カウルはディトナです。

Desmosedici GP17 Salad BOX

画像
これはあくまでも憶測ですが、この通称、サラダBOXと言われる物の役割は、チャタリング防止に使命がある?ようです。通常の足回りのショックアブソーバーでは役目が違う為吸収しきれないチャターをフライホイールと数個のギアでアブソーバー的役割を担うパーツのよう??です。

チャタリングとは・・・原因はリアの剛性不足がかなりを占め、タイヤのグリップに対し、スイングアーム、フレームの剛性不足により、ねじれ、振動などがステムに集中し、フロントのぶれをきっかけに共振、増幅されコントロール不能になること。激しい状態になるとストレートでも転倒がある。

画像
構造はラック&ピニオンのステアリングと同じ機構で、ピニオン外側に更にフライホイールを回すギアが付いています。ハンドルとは逆の動作でラックの方でピニオンを回す構造=ギア比はピニオン側が大で、フライホイール側が小、入力に対して物凄い抵抗が掛かる筈、強力なダンパーみたいな物でしょうか?
画像
 リアの剛性不足等を補う目的か?創造の黄ラインからいくと、ウイリーコントロールにも一役買いそうな感じですが?
画像

画像
上記パーツを収めるには、このBOX内部の支点(ターミナル1)に相当の力が掛かるはず、重量増しは??何れにしても空力とは関係なさそうな感じですが、早く答えが知りたいですね。

こういった開発初期段階の目新しいパーツ類等には、良い物があったり、はたまた、ろくでもない物があったりと、見ていてとてもに楽しいですし、興味をひかれます。^^最近、まとまり過ぎてて、こういったのが少なくなったからなー!(笑)「チャパラル」なんて最高に興奮させられましたね。


1100SPORT改2号・・製作中

画像
前ログにて紹介したSPORT改2号の続編です。^^
これは、以前、私が乗っていたBIKEですが、完成予想の写真です。ホイールはノーマルになりますね。

画像
やっと見つけたRフェンダーをSET、すぐ上の棚にあるのに、なかなか見つからない!何時もこれですから、時間かかります。^^

画像
これ(バッテリートレイ)も見つからなかったなー・・・お陰で中二階のガラクタ置き場がきれいに整頓されました。(笑)結局、上には無し・・・これも工具の棚にかかっているのが目に入らない!?2日位探してました。

画像
マフラーはテルミの分解タイプ(これは希少でお高い!=当時24万!!)をSETします。勿体ないけど・・・。今、マフラー付けやってます。

画像
画像

マフラー付きました!やはり、この時代のBIKEにはテルミが似合いますね。軽くて作りも悪くないし、音も良いしで、なかなかです。

画像
画像
エンジンも無事かかりました。点火系はノーマルを使用、吹けも良い感じです。細かい配線の処理、ブレーキ関係を見直して完成か?
画像
外装も問題なく装着、細かなところの補修もやりますか!
久しぶりに跨りましたが、ポジションもGoodだし、とても懐かしい感じ!^^
1号は少し弄りすぎちゃったので・・・・この佇まい!こちらの方が普通で良いですね。(笑)