CB1800RR!?

画像


GL1800ベースのSSですが、よくやりますなー!(笑)
プロフィールはフレームは元々がアルミツインスパーですからそれほど違和感は感じられませが、凄まじいホイールベースの長さです。乗り心地はこの部類のBIKEでは良さそう!(笑)

前後サスペンション、タイヤ&ホイールも”それらしい物”=17インチ?に交換されていて多少は”らしく”なっていますが、ベースがベースですから・・・Rを上げ、Fを下げてキャスターを立て操縦性を機敏にする方向にしているようですが、何と無く乗り味は想像できます。まー直線重視のBIKEでしょうね。

ホンダと言えば、「遅かりし・・・」ではありませんが、最近、国内ではこんなニュースがHONDAから発信されました。

1)「ホンダ伊東社長、新しいコンセプトの大型2輪車シリーズを2013年発売」   
http://response.jp/article/2012/09/21/181757.html
ツーリングに行けばわかる事なんですが、少し”胡坐をかき過ぎで”すね国産メーカーは・・・。特にBMWの躍進が凄まじい!

年齢層が異様に高いカスタマー達になってきましたが、その殆どは価格ではなく(お金は持ってる)、所有感をくすぐる物というか本物を見る目を持っているので、自ずとそちらに流れてしまう。

実際のところ現車を見比べてみてもわかることですが、高級感というか、作り込みが全く違います。これは”火を見るより明らか”で素人目でもわかってしまうことです。この辺りをやっと国産メーカーが理解してきたのか・・・。

画像
このBIKE等は最たるもので、300万の価格も納得です。ツーリングに行くとこれが!ごろごろ”と居るわけです。(6気筒の快音を響かせながら=空ぶかしし、Pに入ってくるわけです)(笑)
国産お家芸の6気筒をやられてしまった。さすがBMは”目の付けどころ”が違うなーと発表時痛感しました。

モーターショーでも車の脇にBIKEを配したり、やることが国産と違い全て洗練されています。HONDA&SUZUKI等は両方やっているのですから、そのあたりを少し学んだほうが・・・・。

以下は」独り言です・・」(笑)
性能的には今の国産大型BIKEでも十分なんですが、外車を買う層としては何か物足りないんですよね。そこに気が付くのが、いかにも遅い!

例えば・・・考え方が「6気筒等必要ない、性能的には4気筒で十分」が見えてきてしまう、ここに若干の”ずれ”があると思います。

買う層はお金はるし、それなりの経験も豊富、性能だけでは無いんですよね。所有慾!を満足させる。又、他と違う!・・・・簡単にいえば「どうだ!!」これに尽きると思います。(笑)所詮、子供大人です。(爆)

2)「NRの再来?…ホンダのスーパースポーツバイク、価格は500万円前後か?」
http://response.jp/article/2012/09/22/181765.html

画像


「NRの再来」と言わせるくらいなんですから、V5エンジン出なければ納得しないでしょ!期待しましょうか。どうせ裏切られると思いますが・・。(笑)

この辺りが”わかっているか?いないか?”の答えが出てくると思います。BIKEは見えても見えなくてもエンジンなんですよね。だからNRは特別なんです。買えはしませんが、がっかりさせるなよ!(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック