テーマ:スクープ

R120S&R120GS

「こんなのあったら最高BIKE!」 ベースは水冷になる前の最高に良くできたフラットツイン1200。そのエンジン、未だあまってるでしょうから、やってみる価値あり?^^ [R120S] こんなの出たら売れるでしょ!・・・と、思うのは私だけか?^^ [R120GS BASIC] これはどこか(ドイツ?)で外装KITが出てたな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SV650 Scrambler

今年のMCショー(大阪)で展示された「Suzuki SV650 Rally」がフランススズキより発売になるようです。名称は「SV650 Scrambler」となるようで、限定120台とのこと、価格はノーマル比1400ユーロUPの100万位のようです。 世界的にスクランブラーがブームのようで、SVまで出してきたようですが、これは名ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

17y KTM DUKE 390 これも後方排気!?

車両を見せられた方のCGとのことですが、どうやら17y発表の「KTM DUKE 390」はBMW310Rのような後方排気エンジンになるかも? 水冷エンジンだから出来る事なのですが、Rショックに対しても影響大であるし、排気の取り回しや熱的(こもりがち)な事等も考えると、従来通り前方排気の方が合理的に思えますが・・・何か劇的に良くなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MOTO GUZZI V9 MISANO他

OBERDAN BEZZIデザインの最新作、「V9 MISANO」です。ボバーやクルザー系(アメリカ重視)ばかりでなく、こんなBIKEも早く出して欲しいですね。 これはGuzziでは常套手段の地名を使うもの・・・エンジンがスモール系なので敢てLeMansと書かなかった!?しかし、Guzziの大御所さん情報ではこれ系が確実に出るようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ducati スーパースポーツ 936

2016yのWorld Ducati Weekend (WDW)参加者のみが見ることを許された、2017y発売予定のNewBIKEです。 この車両に関しては、写真撮影は固く禁じられたそうですが、何処にも居るように”盗み撮り得意の方”のワンショット! 写真から推察すると、UPライトなハンドル、フレームはモンスター系のスチールのトレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yamaha SCR950

またまたヤマハさんからナウいBIKEが発表されました。ベースはVツインの「XVS950 BOLT」あたりだと思いますが、シートをやたら下げない横からのスタイルがなかなか良いですね! デザインで上手く誤魔化してますが・・タンク&シートとのバランスもグットなので、ステアリングヘッドが高過ぎなく、いよいよ生産中止になるSRの様な横顔、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

New bikes

海外で噂されている新型BIKEや一連のスパイフォトを列挙してみました。 先ずは”SCのKAWASAKI”、あっ!と驚かせてくれるか楽しみですねー。^^ 「Z900RS」の復刻盤でしょうか?商標登録名は前述の名称!やるもんですねー!SCの4気筒900ccだとの噂です。 こちらは過去のショーにて公開されたSCのコンセプトBIK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハスクのスパイフォト

来年にも発売予定のハスクバーナ/新型と思われる写真です。エンジンはKTM/スーパーデュークRの1290を使用、小さめのシート、ディアベルタイプのナンバーステー、ハンドルはセパハンで走りが良さそうではあります。 しかし、下の写真(MySport1100カスタム)に”クリソツ”!! ネット社会(世界)ですから、どこかで見られたのか!?…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

MOTO GUZZI V9エンジン

発表当初、単にV7Ⅱのボアアップエンジンかと思っていましたが、よくよく調べてみると、殆どNewエンジンに近いようです。 ボアストロークUPで744→853ccを獲得、クランク&シリンダー+ピストンの変更だけかと思っていましたが、内容は90%が新規になったようで、”Newエンジン”と謳っています。 性能的には使う車両がボバーやクル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TMAXに新機種!

通勤快速のMyスクター(デルビランブラ)、そんなに不満も無いのですが、次期スクーターを色々と物色中!その一候補として何時も上がるのが「ヤマハTMAX」、性能他は申し分ないのですが、如何せんガタイが少しでか過ぎ!欧州には「X-MAX]イタリアヤマハ=400cc、という少し小ぶりのナイスなやつがあるのですが、残念ながら国内導入は無さそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMWパワー!?

やりますなー!BMWは次々と魅力的なBIKEをリリース!こんなの出たらイイナーなんて考えていると、それを見透かされたように出してくるんですよね。言い換えれば視点が全てカスタマー側なんですね。 以前から言っているCBX1000のような6発様、どうもBMWがだすかも?「RC213V-S 」見たいな浮世離れしたBIKEを出してる暇がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yamaha Tracer 700(MT07)

いよいよ欧州で正式発表&発売が秒読みとたなったMT07トレーサー、09発表時から07も出したらいいのになーなんて思っていたのですが、考えることは皆同じってところです。^^ 09も良いけれで、少しパワフル過ぎなところもあり、熟年ライダーやリターンライダ他には07がベストチョイス!と何時も考えていたのですが・・・07トレーサーが出れば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

MVアグスタ 倒産処理手続へ

残念なニュースです。負債金額4000万ユーロ!を抱えて倒産寸前!? 「またですか!」って感じですが、販売面(新型も次々とリリース=昨年から30%の成長と遂げた)及び World SBKでも結構頑張ってるんですけど、何故なんですかねー? 二代目経営者、息子ジョヴァンニ・カスティリオーニさんの采配がイマイチなのか?無駄使いをして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MCS2016

2016y、MCショーが始まりました。 初公開マシンで気になった物は・・・。 先ずは、HONDAのT-MAXに対しての回答?ヨーロッパでは断トツ売れているT-MAX、黙って見ている分けにもって感じで、NCベースのスクーターを出しそうです。 T-MAXとは方向性を変え、少しOFFより・・・BIKEの世界で大流行のクロスオーバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EBR Motorcycles

倒産してから久しいEBR Motorcycles、新しいパートナー/Liquid Asset Partnersとウィスコンシン州、イーストトロイ工場での生産を再開すると発表。良かったですねー!^^ 再生産、最初のBIKEは米国製を強調するがごとく、アメリカの国旗を模した物、「二度あることは三度ある」なんて諺がありますが、三度目ですから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EICMA 2015: Victory 156-Based Prod

ハーレーに代表されるようなクルーザー系のイメージが強い:「Victory」、結構、走り系も手掛けているんですよね。パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムにも物凄いカスタムで挑戦したり、最近はEV系にも力を入れてます。 EICMA 2015にてなかなかカッコの良いBIKEを発表しました。コンセプトBIKEらしいですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 EICMA・・・YAMAHA、HONDA,SUZUKI,

EICMA、色々と面白いBIKEが出て来ました。 先ずは、YAMAHA XSR900 ローランド・サンズとの協力によって生まれたなかなかカッコいいBIKEです。ベースは勿論バカ売れのMT09、これで”ヘリテイジシリーズ”も3機種目、今後の展開が楽しみです。 昔懐かしの雰囲気ですね。シンプルなBIKEらしいBIKEが好きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MOTO GUZZI ,EICMAにて4種の新型を発表。

Piaggio(ピアジオ)は今年のEICMAにて4種のMOTO GUZZIのNewモデルを発表する模様。 一つは(MGX-21 bagger)と呼ばれる、カリフォ1400ベースのクルーザー系と言うか、Vマックスに端を発するパワー系マッスル=ホットロッド?系のBIKE,↓ ディアベルもうかうかできないか?しかし、日本じゃ少し難しい感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMAHA MT-10

勢いのあるヤマハから、MTシリーズの旗艦とも言えそうな、「MT-10」が発表されました。 エンジンが現行R1/クロスプレーンの998ccのCP4、凄いです!気合入ってます。^^ベースとなっているのはYZF-R1Sで、同じシャーシ、スイングアーム、サスペンション、エレクトロニクスパッケージを搭載。 R1譲りのCP4エンジンは中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KTM RC16 MotoGP Bike

17yから参戦予定との事ですが、KTM Moto GPプロジェクトがいよいよ本格的に動き出したようです。 凄いですよね!小さいのはやってたけど、BMWさえなかなか参入出来ない(し難い)Moto GP、欧州の最大”ライバルメーカー”としてのBMWも、うかうか出来ないでしょ!(笑)  フレームはKTMお得意のパイプ製(トレリスフレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MOTO GUZZI V7 Spy Photos

最新の V7 II Stone, V7 II Special, and V7 II Racer.をベースにした新機種の登場でしょうか? しかし、”もがいて”ますねーとしか言いようが・・・。(笑) ベースは「V7 II Stone」等のシャーシー他を使い、新しいデザインのタンク、ホイール、シートを用意し、Fタイヤを太くしてXLモドキが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スズキのターボ+ハイブッリトエンジン

16yにも発表されるNewGSX-Rとは一線を画すと思われますが、スズキは将来的にスーパーなBIKEに搭載されるであろうエンジンのパテント申請をした模様。 F1に代表されるようなハイブリットシステムで、1000cc4気筒エンジンにターボチャージャーと電動モーターを組み合わせたものです。300psのパワーを発揮しながら、低速から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMW Concept Stunt G 310

以前、紹介したインド産BMWがブラジルでコンセプトとして発表されました。”単コロ”310ccと言うBMWでは久しぶりの小さめBIKE、EICMAにて世界に向け登場ですか。 以前、紹介したインド産BMW 「BMWモトラッドはインドのパートナー企業であるTVSと共同開発している300ccのバイクを発表すると予想されていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HONDA V4用モノコックフレーム&SC

止せばいいのに又、モノコックですか?(笑) ホンダが米国にて、V4エンジン用モノコックフレームとスーパーチャージャー(以降SC)のパテント申請をしたようです。 雰囲気はドカパニガーレですが、材質はアルミ鋳造他になるでしょう。 ホンダのパテント内容によると、「エンジンとフレームをしっかりと結合させることで作業性、生産性が向上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5-Stroke Engine

エンジン話しの続きですが、世の中には5ストロークエンジン(6ストロークも有る)なる物が存在します。2&4サイクルは聞き慣れていますが、5サイクルは殆ど聞きませんよね。^^ エンジン屋(F1やMOTO GP他)で有名な”イルモア”が開発したエンジンですが、これもなかなか実用化しませんです。(笑) 性能&燃費は大した物で、700…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Moment Cancelling Engine

あのダン・ガ^-ニーが面白いコンセプトのBIKEエンジンのパテント申請をしました。 左側が進行方向になると思われますが・・前気筒と後気筒が逆回転になり、ギア駆動で後に取りつくであろうM/Tにパワーが伝達されるようです。見た限り、BIKE搭載時、駆動はチェーン若しくはベルトがすんなりいくようですね。 前後、左右のモーメントを消す為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モノコック・フレーム・・・BIKE

前ログで出た、フレームの話しの続きです。(笑) 過去にモノコックフレームに挑戦したBIKEとして、古くは1973年のJPN(ジョン・プレーヤー・ノートン)モノコックがあります。 JPN(ジョン・プレーヤー・ノートン) 強度を維持するため材質はステン!?のシートで、前面まで殆どをカバー 。諸般(金?)の事情で空冷エンジンを採…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSBK パニガーレもツインスパー!?

レース結果がそのまま販売台数に直結するSBK,メーカーとしても真剣にならざる終えません。 今期、ブッチギリの強さを誇るカワサキZXー10R、チャンピオンは確定でしょう。そうなると2016年の各メーカーの新型車が気になるところでは有ります。 2016年度からは更に改造範囲が狭められ、ストックの状態で戦う雰囲気、そうなると 最新の電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Magni Filorosso

「マーニ・フィロ・ロッソ」いよいよ走りだしたようです。 1960/70年代前半までのMV Agusta GP500 3気筒レーサーをお手本に、現在のMV800cc水冷3気筒エンジンを手組みクロモリマーニフレームに載せるというクロスオーバー・・・真生MV Agustaレプリカの登場ってところです。 こんなのホントに出ちゃうの!久し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴鹿8時間耐久ロードレース 観戦記②ストーナークラッシュの原因

ビデオを見れば分かるように、ストーナー選手は高速でコースから外れると激しく転倒、マシンは彼のすぐ横を縦に転がっていった、幸運なことに命に別状はなかったようですが、しばらくの間はバイクに乗ることが難しいでしょうね。ストーナー選手は、今回のクラッシュの原因がスロットルのスタックによるものだということをツイッターで簡潔に説明しているとの事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more