テーマ:レース

タイランド/ブリーラムのお友達

タイ/ブリーラムにて食料調達中に街中で、偶然見つけたカスタムショップです。オーナーのサマク君がとても気さくな人で、すぐに打ち解けました。まー同じカスタム好きというところですからね。^^ 同伴者のMさんとショップオーナーのน้า มรรค 君(Samak…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

MOTO GP BIKE 比較 ヤマハの不調は?

何故、ヤマハが不調になったのか?単純に好調なホンダとの写真での比較ですが・・。 写真を見ていて直ぐに気付くのが、ホイールの形状。ホンダは如何にも剛性がありそうな8本スポーク物。対してヤマハの物は細いWスポークの3本(ダブルなので6本か?)ホイールです。 元々がタイヤ屋なので、どうしても車でもBIKEでも其方に目が…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

MOTO GP 冬季テスト(ブリーラム/タイランド)観戦②

これはバンコクでのスナップ サーキット外のBIKE達、圧倒的に多いのは勿論スクーターですが、若いお兄ちゃんはタイカブを弄りカッ飛んでます。(笑)=これが結構,速い!!大型はSS系は少なく、最新のネイキッド系(Z1000,GSX1000S等)をカスタムして乗ってます。 又、世界的流行のアドベンチャー&デュアルパーパス系も勿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MOTO GP 冬季テスト(ブリーラム/タイランド)観戦①

2月12~20日 タイはブリーラムで行われた今季二回目のMOTO GP冬季テストを観に行ってきました。 ブリーラム/チャーンインターナショナルサーキット、お国柄かのんびりした感じですが、最終日の日曜日には凄い観客数で結構ごった返してました。チケット売り場が観覧席下でサーキット周辺から走行(間近)が垣間見れます。・・・余りにも大様。^^…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Ducati V4!

ようやく絵が出てきましたね。サーキット走行の動画等は早々と出てましたけど、はっきりとしたお姿は初!? 価格は天文学的な数字にはならなくて、¥500万以下で購入可能でしょうか?SBKのレギュレーション上、上限が決まってるので、とてもお買い得ですね。・・・とても高くて買えませんが。(笑) 爆発順序が特殊なV4と言われてますので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RC213V の羽根・・2日目、 ドカも出しました。

今季、最後のテストがカタールで始まりましたが、HONDAの羽根が公開されました。 後付け感たっぷりのウイングレットで、何か未完の感じ!しかし、効力はあるようで、装着したマルケスは二度も転倒!その為か?タイムも伸びず不覚の12位の順位・・・・まだ、二日ありますから上げてくるのは確実。 思いの外ダウンフォースがあるようで…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

MotoGP Phillip Island テスト2 Newカウル

ヤマハに続いて、スズキ、アプリリアとNewフェアリングを装着してきました。やはり、レギュレーションをクリアするには今のところこのタイプしか方法は無いのか? スズキのフェアリングはヤマハとは少し違い、上の方に開口部が・・・。ライダーは「効いているのか良くわからない?」「ウイリーは多少抑えられる?」位のコメントです。 少し特徴的な新型フ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Desmosedici GP17 Salad BOX

これはあくまでも憶測ですが、この通称、サラダBOXと言われる物の役割は、チャタリング防止に使命がある?ようです。通常の足回りのショックアブソーバーでは役目が違う為吸収しきれないチャターをフライホイールと数個のギアでアブソーバー的役割を担うパーツのよう??です。 チャタリングとは・・・原因はリアの剛性不足がかなりを占め、タイヤのグリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MotoGP のダウンフォース①

いよいよヤマハがアイデアの一つを披露しました。当初から憶測されていた二重構造のフェアリングですね。普通に考えるとこれになってしまうのですが、当初、エンジンのオーバーヒートが懸念されていましたが、解決したのでしょうか? 前から見ると大分幅が広がってるようですが、最高速に影響ないのか?ライダー/ロッシは、17年型フレームの良さが引き立った…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Ducati Desmosedici GP17のダウンフォース!

これがGP16までのウイングレットに対する回答なのか? エンジンに対しての「Ducati jet exhaustバルブ」と言うデバイスかと思っていたら、MOTO GPマシン(レーサー)には使わないとのコメント、と言うことは、これが空力デバイス?空力にに影響するのか? このエキゾーストの横の箱ですが・・・。 セパン/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MOTO GUZZIがレースに復帰!?

何とも、ありそうで無さそう、無さそうでありそう?なニュースです。(笑) ピアジオグループのアプリリアはMOTO GP とWSBKに参戦しています。WSBKでは過去にもチャンピオンを取り、結構な活躍をしていますが、MOTO GPではイマイチ。 予想CGまで存在!?^^出れば楽しいですね。 そこでどちらかに重点を置く方針に・・・こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16y MOTO GPサンマリノ/プレスカンファレンス

サンマリノGPは、これまでイマイチ調子の出なかった、ダニ・ペドロサ(ホンダ)が怒涛の追い上げで、久しぶりの優勝!前回ほどではなかったけれど、まー楽しめました。 今回は地元ロッシの調子が良く、スタートでは少し遅れるも直ぐにポールのロレンツォを追撃、数週後にはTOPを奪います。この時のオーバーテイクが物議をを醸し(ロッシとロレンツォの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MotoGP イギリス/シルバーストーン

いやー昨晩は久しぶりに興奮したなー!シルバーストーンでのMotoGP,終わってみれば9年ぶりのスズキファクトリー/マーヴェリック・ビニャーレスの優勝、それもブッチギリでした。 2位に5秒もの大差!ホントのブッチギリ(良い時のロレンツォが得意)でしたが、このクラスでこれは凄いことです。来年はヤマハファクトリーに移籍、ロッシとチームメイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YZR-M1

来る6月25日(Assen )、7月24日( Laguna Seca)のMOTO GPでお披露目のカラーリングです。 GPレース参戦、50周年を記念してヤマハ往年のファクトリーカラー(ゼッケン1)をまとったM1で、ロレンツォが出走するようです。 やはりヤマハも色々ありますが、このカラーが一番”しっくり”(懐かしいと言…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

GOLF5/フィスコNS-4

        今回はBIKEも持ち込み(S-2)を走行          あまりの気持よさに写真を一枚(フィスコゲート上パドック連絡道) 07y7月25日(水)薄曇、弱風、高湿度、気温30度↑、 25日はフィスコスポーツ走行に道志より参加してきました。 今回、写真のようにBIKE走行も行う為、前日からの準備が結構面倒で…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

Buell 1125Rー本気ですね!

アメリカBIKE業界の異端児?=変わったの造ってますからねー。 Buell がハーレーエンジンからロータックス60度ツイン/水冷4バルブエンジンにスイッチしたNEW BIKEを発表しました。 排気量はタイトルのように1125ccもあり146ps/9800をひねりだします。どうもレースに本格的に参戦するのではと思わせる…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

エクゾースト・サウンド

「山に木霊するエクゾースト・サウンド」、「魂を揺るがす、超高回転エンジンの咆哮」、「ハートにシンクロするVツイン・サウンド」なんて色々と形容され、BIKEや車好きには欠かせない排気音ですね。 モト・GP等も当初は静か過ぎたようで、観客の「興奮度」が上がらないとの指摘で今やサイレンサー無しでもOKな音量規制です。(ライダ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Ironman Japan 五島/長崎 =優勝!

         優勝インタビューですが・・・日本語?           皆に祝福されて!最高の気分でしょ。 おかげさまで優勝できました。 今期、BIGレースで初優勝!これでハワイ出場権を獲得できました。 ハワイ(コナ)はアイアンマンの聖地でチャンピオンシップ大会で優勝か、それに順ずる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Ironman Japan 五島/長崎

アイアンマン・ジャパンで現在(女子1位)、娘が頑張っております。 http://www.ironmanlive.com/events/ironman/japan?show=all&y=2007 よくもこんな過酷なスポーツを選んだものですが、子供のころより素質はあったようです。じっとしているのが何より嫌いなタイプで、常に体…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CB750F

天才ライダー「フレディー・スペンサー」が82yにデイトナで優勝した車両 RSC製RS1000KITパーツを使い140PS/10500rpm以上を発揮 本日、”ちょい用あり”で南青山まで出かけてきました。車では時間が見えないのでBIKEで行きましたが、246は相変わらず嫌になる位混んでいましたね。 用事が済み、折角だからとホ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

レーシング・ポルシェ

レーシングカーそのままのコクピット、サイドブレーキもラインロックです。 昨日は常連さんのMさんがサーキット走行用にと”遊び”で買った!というレーシングカーまがい(ほんま物)のポルシェに乗せていただきました。OIL交換に来たのですが・・勿論モチュール300Vですね。 Mさんはこの世界では結構有名な方で、持ち車もハンパではありま…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

MotoGP 800cc Round 2

3月25日早くも第二戦/Jerezです。 結果は流石のM1を駆る天才バレンティーノ・ロッシ!セカンドはRC212V/ダニー・ペドロサ(第一戦は3位)、サードはやはりヤマハM1/コーリン・エドワーズ、ヤマハが良いみたいすねー。 ヤマハと言えばスポンサーは車のフィアット(カーメーカーがスポンサードするのはGP史上初めて)…
トラックバック:9
コメント:4

続きを読むread more

MGS01改/デイトナ優勝!

リバーさんからの情報ですが、何とGuzziがデイトナで優勝したそうです・・・やっと写真を探せました。 最新のドカティー1098を破っての優勝ですから、そりゃーもー大したものですね。Guzziと言ってもエンジンは「ビック・ボア」という106mmもあるビックなピストンを持つ、大排気量エンジンを使った別物ですが・・。 85…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モトGPエンジン

07年よりモトGP/レギュレーションが変更になりました。その中で一番大きな変更が排気量(990ccから800ccにダウン)です。02年より始まったモトGPですが、早いもので7年目に突入しました・・・ほんとに早い! 当初、2サイクル500cc(180~200ps)で戦われていたGP最高峰ですが、排気ガス規制がレースの世界も変…
トラックバック:5
コメント:5

続きを読むread more

MotoGP 800cc Round 1

2007年3月10日今年のMotoGPを占う初レースがカタールで開催されました。 18レースのシリーズ、800cc最初のラウンドでなんとドカティーが優勝。オーストラリアの新星、ケーシー・ストーナーが初の栄冠に輝きました。去年250ccからステップUPし、2年目のシーズンで大金星です。去年はホンダに乗り、結構トップ争いにも加…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

郷愁の逆行!?

ジュネーブショーでモーガンがこんなレースカー/Aeru8GT3を発表しました。 モーガン乗りにはなかなか認知されない可哀想な車ですが、中身は最新の技術で造られた素晴らしい車・・だと思うのですが。 ポルシェ空冷乗りより頑固なモーガンフリーク達、色々乗ってあの車に落ち着いたのですから、Aero8はやはり受け入れがたいんで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GTI/空力エイド・・効いてます!

2月28日(水)例によってGTI2号のS社長とフィスコNS-4(A枠)を走ってきました。 月末にもかかわらず凄い混みようでしたねー。暇な人が多い!天気はドピーカンでしたが生憎の強風、「今日はタイム望めないすね」なんて会話しながら走行準備です。 今回、ブレーキ(AteのBigキャリ)パットを新規にITSオリジナル(0~…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

初走り!②

正月4日はフィスコ/スポーツ走行です。いつものGTI2号のS社長と現地集合です。今回はユーノスワンメイクレース参戦中の常連Tさん達も同じNS4で走りました。 あちらはレースを目安に走っているのでコースINと同時に行ってしまい絡むことは殆どありません。だいたい10~11秒でラップしているようです。私達はタイヤを温める為2周ほ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今時FR?

Ferrari Dino 1992年にブリュッセルAutoショーにて初期モデルを発表したGillet Vertigo の新作です。 アルファV6エンジンによって、0-100Km=3,2秒、最高速300Kmの性能を有しているようです。それよりもサイドからの眺めが強烈で、FRでもこれだけ後ろに座る車も現在ではなかなか無いの…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

計測器ホルダー

サーキット走行会等でラップ計測が行われます。その際にサーキットサイドより主催者に計測器が貸し与えられ、それを参加者各自の車に装着して走行する訳です。今までは車のサイドや後ろにガムテープ等で貼り付ける方法でした(今でも殆んどがそのやり方)が、これは優れものです。 ワンタッチで計測器を装着でき、不測の脱落などからオサラバ出来ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more